ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊藤園の『お~いお茶』が「男尊女卑」?ネットで物議

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日経ビジネスオンラインに7月30日掲載された、『シリコンバレーに戻ってきた日本の企業たち』という記事がインターネット上で物議を醸している。

 この記事では、海外で活躍するIT系日本企業が紹介され、今回話題となっている伊藤園は、非IT系企業という位置づけで紹介されていた。
ここまではふむふむと参考になる話だったのだが、問題なのはここから。話の本筋とはずれると思ったのか()ではさみつつ次のような事が突然書かれていた。

【関連:北海道産と長野産に同じ生産者名?ネットで物議】

▼『シリコンバレーに戻ってきた日本の企業たち』より引用

余談ながら、あの「おーいお茶」という男尊女卑的な響きのある商品名は何とかならないのか、と思うのだが…。

(引用ここまで)

 『お~いお茶』という商品名が「男尊女卑」に感じるという。
この一文に引っかかる人は多かったようで、記事に寄せられたSNSのコメントや、インターネット掲示板等では、「なんで?」「意味がわからない」「おーいお茶、に男尊女卑を見るのはさすがに被害妄想」「考えすぎw」「言われてみりゃそうだね。全然気づかなかった。」「なるほど、そういう考え方もあるんだな。」と様々な意見がみられた。

 
■そもそも『お~いお茶』のネーミングの由来って?

 今回の騒動で、1989年のブランド誕生以来、25年目にして大注目を集めることになった、『お~いお茶』の名前の由来だが、実はこの商品はもともと『缶入り煎茶』という名前で売られていた。

 ただ、あまり売れ行きが芳しくなかったため、新たな商品名を探していたところ、消費者への調査の結果「日本人は緑茶に家庭的なぬくもりと、すぐそこにある日常性を感じている」ということが分かったそうだ。そこで、注目されたのが、1970年代に俳優の島田正吾さんが出演していた同社の茶葉のCM。CMで島田さんが家族に向かい「お~いお茶」とおっとりとした口調で呼びかける姿が好評だったため、キャッチコピーをそのまま商品名に起用したという。

 そのため、『お~いお茶』に込められた商品名の意味は、この記事が気にするような「おい!お茶!(命令)」という情景を切り取ったものではないようだ。

参考:
日経ビジネスオンライン『シリコンバレーに戻ってきた日本の企業たち』
伊藤園『お~いお茶 茶葉日記』

おたくま経済新聞
カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP