ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミックウェア、ドライブシーンと連動した音楽再生機能を搭載したAndroid用カーナビアプリ「G:O Hybrid Navi」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミックウェアは8月4日、ドライブシーンと連動した音楽再生機能「ドライブ・シンクロナイザー」を搭載したAndroid用カーナビアプリ「G:O Hybrid Navi」をリリースしました。アプリは有料(月額300円)、対応OSはAnroid 4.0.3以上(Android 4.2.2以上を推奨)。「G:O Hybrid Navi」は、地図データをダウンロードすることで圏外でもナビを利用できるハイブリッドタイプ(オンライン・オフライン)のカーナビアプリ。特徴は冒頭で触れた「ドライブ・シンクロナイザー」です。この機能はドライブシーンを検出してシーンに応じたBGMセット(プレイリスト)を自動で再生するというもの。ドライブ中の選曲に悩んだ場合に役立ちそうです。アプリで検出できるシーンは、ドライブ準備中、オープニング、一般道(日中)、一般道(夜間)、高速準備中、高速加速、高速巡航、トンネル、休憩、速度超過、エンディング、目的地到着。アプリにはG:Oオリジナル楽曲34曲が収録されていますが、ユーザーが持っている音楽でBGMセットを作成することもできます。ナビ機能では、地図データにカーナビ向けのトヨタマップマスター製地図を採用。住所は約3800万件、目的地データは約700万件収録されています。アプリの価格は300円ですが、先着1,000ダウンロードまたは今月中までの間は100円(アプリ価格+初月利用料)で提供されます。「G:O Hybrid Navi」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
MIUI V6のスクリーンショットが複数流出
Google Playストアにおける有料アプリ・ゲームの払い戻し期間が15分を超える。2時間になることもあり
Android向けTwitterクライアント「Talon for Twitter」がv2.6.3にアップデート、アプリアイコンや投稿画面がリニューアル、Twitterの複数画像アップロードもサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP