ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

性犯罪防止に!飲み物に薬物が混入されていないか調べるガジェット「pd.id」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性が性犯罪に遭うケースが後を絶たない。なんと、北米では女性の4人に1人が被害に遭っているのだという。

そして、性犯罪の多くが「デートレイプ」らしい。デートで飲食を共にするとき、女性の飲み物に薬物を混ぜて意識を失わせ、乱暴するというものだ。

そうしたデートレイプを防ごうと米国で開発中なのが、飲み物に薬物が入っていないかを数秒で探知するガジェット「pd.id」だ。センサーを備えたpd.idを直接飲み物に入れることで危険の有無を確認できる。

センサーには、米国麻薬取締局などで使われている技術が活用されている。ボタン電池で作動し、大きさは8×2センチ、厚さ6ミリ。ポケットやバッグに十分しのばせられる。

使用方法はpd.idの端を飲み物に浸けるだけ。すると、もう片方の端についているLEDライトが安全かどうかを知らせる。安全であれば緑色が、薬物を検知したら赤色が灯る。

また、pd.idはスマートフォンとシンクし、調べた飲み物の種類と、薬物の有無がアプリに表示される。飲み物が危険な場合、ユーザーがアプリをチェックしなくても、テキストメッセージやコールで危険を知らせるようになっている。

pd.idは性犯罪被害を防ごうという情熱を持った個人のグループが開発を進めている。現在、資金調達サイト「Indiegogo」で10万ドルを目標にキャンペーンを展開中で、75ドルで入手できる。

米国・カナダへもプラス15ドルで発送する。身を守る手段となるこのガジェット、世界中の女性の強い味方になりそうだ。

pd.id/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP