体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アミューズメント?それとも動物虐待?露店の「ハムスター釣り」に非難殺到

アミューズメント?それとも動物虐待?露店の「ハムスター釣り」に非難殺到

毎年、このシーズンになると全国各地で祭りや縁日が開催されるが、そうした催事に出店したある夜店が、現在、ネット上で非難を浴びている。

このほど、思わぬ形で注目を浴びているのは、大阪の縁日に出ていたという「ハムスター釣り」の店。ユーザーによる情報が少ないので、この日に出店していた店の内容については不明な点も多いが、全国的に知られているのは、「コーンなどの餌を使ってハムスターを「釣る」というもので、2~3匹程度釣れると、1匹もらえるシステム」(催事研究家・祀田燦三氏)になっていることが多いという。し かし、こうした「ハムスターを釣る」という行為そのものについてネット上で非難が殺到。

「これはやってしまいましたなぁ」
「ハムスターっていうのがまた…」
「金魚やカラーひよことか、亀釣りとかはOKでハムスターはNGという風潮」
「いや、普通に動物虐待だし」
「なにげに昔からあるにはあったんだよな」
「ハムちゃんを釣るのやめろし」

…と、「ハムスターはNGで金魚はOKなのか?」といった声もあるものの、概ね、「動物虐待にあたるのでは?」という声が目立つようだ。

最近では時代を反映してか、露店の種類も実にバラエティに富んだものが増えている。しかし、かつて「イセエビキャッチャー」などが叩かれたように、生き物が絡むアミューズメントは、その出店前に 、もう少し精査したほうがよさそうである。

文・山田浩一

【参照リンク】
https://twitter.com/metomaView/status/495829504259272704

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。