ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中身のわからない「ロシアンおにぎり」に「これはひどいwww」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世の中にはくじ引きのように、実際に開封してみるまで、中身のわからないものも存在しているが、現在、twitter上で話題となっているそれは、そもそも「中身がわからないと困るもの」だ。

ユーザーによって投稿されたこの画像、一見してそれとわかる「半額セールのおにぎり」。しかし、「半額」と書かれたシールが、中身を示す表示の上に重なるように貼られているため、裏面にあると推測される成分表示を見て推測するくらいしか、中身 を知る術はないのだ。このあまりに不親切なラベリングに、

「おいこらwww」
「これはひどいwww」
「買ってみないと中身がわからないとか」
「ロシアンおにぎりだなw」
「たぶん店員さんも疲れてたんだよ…」
「中身がわからないほうが売れる?…そんなことないか(苦笑)」

…と、ネット上のユーザーたちは思わず苦笑いといった様子。こうした「中身のわからない系」では、自動販売機の「?」表示ジュースなどが全国的に知られているが、それらと違って販売可能な期間が短い商品だけに、一体、どのような意図でこうしたラベリングをしたのか、担当者の声を聞いてみたいものである。

文・久保田太陽

【参照リンク】
https://twitter.com/teraikemen/status/490311192938700801

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP