ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歩歩高(BBK)がサファイアガラスを採用した新しいフラッグシプスマートフォンを開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の歩歩高(BBK)がサファイアガラスを採用した新しいフラッグシプスマートフォンを開発していることが判明しました。BBKはオーディオ機器にも使用されているHi-Fiチップをほぼ全てのスマートフォンに採用したり、世界初のWQHDディスプレイを搭載したAndroidスマートフォンを発売したことで知られる中国企業です。今回話題となった新フラッグシップスマートフォンは伝えられているところによれば、フルメタルのフレームと5インチディスプレイを搭載しているそうです。詳細はまだ明らかになっていませんが、iPhone 6の対抗となるような仕上がり担っていると予想されます。また、価格については3,998元(約66,300円)と伝えられています。Source : Weibo


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTコム、Android / iOSアプリに050 plusの発着信機能を実装できる「050 VoIP SDK」を10月に提供へ
Xamp : フローティング型プレイヤーを備えた多機能ながらも軽量なAndorid用音楽プレイヤー
「Lenovo Yoga Tablet 2」複数モデルがインドネシアで認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP