ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GIFアニメーションのライブラリがついに登場!メッセージやTwitterに活用できる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パラパラ漫画のように複数の画像を立て続けに表示して動画のように見せるGIFアニメーション。最近ネットで見かける機会が増えてきたが、そのGIFアニメーションをあなたもTwitterやテキストメッセージで使いたいなら、GIFアニメーションが集められたライブラリ「Gifit」が便利そうだ。

iOSアプリのGifitには、人物や動物の「ダンス」「笑い」「驚き」「ハッピー」といったリアクションを表現するGIFアニメーション作品が用意されている。米国のスタートアップが手掛けているアプリなので、登場人物は外国人がほとんどだが、かなりユーモアのあるものが多い。

アプリ内にある多数の作品の中から使いたいものを探すには、カテゴリーで選ぶほか、セレブの名前や番組名などで検索をかけることができる。そして気に入ったものを見つけたら、タップするとその作品をメッセージにとばしたり、URLをコピーしたりできる。

そうすることで、あなたのメッセージやメールにGIFアニメーションを簡単に加えられる。GIFアニメーションというとまだ一般にはハードルが高いように思われているが、これなら簡単だ。

GIFアニメーションを自作できるサービスもあるが、このアプリではすでに作品化されているので、手軽に使える。絵文字のように相手にニュアンスを伝えるのに活用したり、単に面白おかしいGIFアニメーションを送って相手を笑わせたりするのもいいだろう。

アプリのダウンロードは無料となっているので、新しい物好きの人、絵文字に飽きた人はのぞいてみてほしい。

Gifit/itunes

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP