ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衝動買いはもう卒業。セールで買うべき3つのアイテム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファッション好きにはうれしい、年に数回のセール時期。あの赤い「SALE」の文字を見ただけで、買うあてはないのに、フラフラ〜っとお店に入ってしまう…という人も多いのでは?

しかし、脳が興奮状態にあるため、思わず衝動買いをしてしまうことも多いのが、セールマジック…。結局1回も着なくてもったいないことをした…という経験、必ず誰もが一度はあるはず。

今年こそセールでかしこいショッピングをするために、気をつけたい3つのポイントをご紹介しましょう。

なんにでも合う万能アイテムを選ぶべし

Mixed-up クループルオーバー(デザインワークス) 

流行を問わない、シンプルなニットがセール対象になっていることも多いです。気分は夏ですが、秋口からすぐつかえそうな薄手のベーシックなニットを見つけたら、即チェックしましょう!

自分の持っていないカラーならなおさら、同じようなカラーをもっていても、シンプルニットならいろんなシーンで何かと着まわしができるので、絶対に便利です。

ふだん着ないカラーはセールで

LUCIEN(アイコ)

あまり普段自分が着ることがないカラーなど、普通の価格ではちょっと迷ってしまうものは、セールで買っちゃいましょう! 

いつもと違うカラーが1つあると、意外にスタイリングの幅がグンと広がりますよ。ただし、必ず試着をすること。なんかやっぱり似合わない…など、ピピッとこなかったら、買うのをやめましょう。

シーズナルな柄モノなら逆にカブらない

フラワープリントベアマキシワンピース(デュラス アンビエント)

意外に穴場なのが、早々にセール対象になっているマキシワンピなどの季節もの。着る予定もないし…と思っていても、来年のリゾートで活躍する可能性大。

さらに、自分が絶対に好みの柄などなら間違いありません。リアルに店頭で販売しているものより、友達とのカブりを防げて逆にいいかもしれませんよ。

今年もセールをかしこく利用して、ワードローブをより充実したものにしちゃいましょ♪

協力/ファッションコーディネートアプリ『iQON』

■ あわせて読みたい
夏ならフル活用したい「ヤセ見せファッション」まとめ
ほっそりウエストで、抱きしめたくなっちゃう女の子に
かわいくなれるロゴT、大集合♡ 【PART2:ユニークデザイン編】
これから帽子を買うならば。かわいさ3倍増しな夏ハット
オフィス、女子会、海。エブリデイOKなオールインワン♪
二の腕コンプレックスは、洋服でなんとかする!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP