ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【女子向け恋愛コラム斬り】運命の恋を確かめる方法がヒドすぎるwww

DATE:
  • ガジェット通信を≫

編集長A/みなさんは運命を信じますか? 信じるか信じないかはあなた次第……でもあなた次第だけど、そのお相手も同じように運命を感じているとは限らない……今回はそんなお話で す……。てことで、お題を発表しましょうか! 「Googirl」に掲載された【この恋は本物!? 運命の恋かどうか確かめる4つの方法】(http://googirl.jp/renai/1407unmeinokoi526/)です!

ナンパ師B/じゃあ、ひとつずつ見ていきましょ~!

『”出逢ってすぐに意気投合”
運命的な恋とは、本当に予測不可能な場面で訪れるものです。しかし、どのような場面で出逢ったとしてもその相手を見た瞬間、直感的に「この人だ!」と感じます。(後略)』

ナンパ師B/それ、相手が大人だっただけじゃない? それ、相手が大人だっただけじゃない?

編集長A/ふかわwww。何でふかわりょうのあるあるネタみたいに二回繰り返したんですかww? で、”相手が大人だっただけ”ってどーゆー意味??

ナンパ師B/だからね、すぐ意気投合したと思ってるのはあなただけで、相手の男性の社会人力が高かっただけで、話を合わせてくれてただけだと、なぜに考えないか? 「この人だ!」と直感が働いたのは、なぜに自分だけだと考えないのか? はい、次!

『”相手の思考が読める”
不思議なのですが、運命的な恋の相手というのは「何を考えているのかわからない」という状態はあまりありません。ある程度お互いの思考が読めるのです。(後略)』

ナンパ師B/ちょいちょいちょい、異議あり! 何を言ってるんだ、この「Googirl」のライターは。この方に問いたいですよ、お前、「マーマレード・ボーイ」読んだことねぇのか、と。光希(主人公の女の子)が遊(光希が好きな男の子)の思考を読めてたのか、と! あの気まぐれイケメンの本心がわからないから光希は恋に落ちたんだろうが、と!!

編集長A/え~と、要するにBさんは、恋愛漫画や恋愛ドラマで運命の恋人同士となる2人は、えてして相手との気持ちがすれ違っちゃったりするし、相手の気持ちがわからないからこそ恋は燃え上がるもの……ってことを言いたいんでしょ? 逆にお互いの思考が読めるからって、恋に落ちるとも限らないし……ってことを言いたいんでしょ?

ナンパ師B/そう、その通り! はい、次!

『”その人でなければ嫌だと心の底から思う”
(中略)彼(彼女)に代わる存在などありえないと思える恋というのは、一生のうちでそれほど多く経験するものではありません。そんな相手に出逢ったら、相手と繋いだ手をギュッと繋いで離さないでくださいね。(後略)』

ナンパ師B/はい、ストーカー気質! はい、次!

編集長A/いやいや、もうちょい詳しく説明してくださいよwwww。

ナンパ師B/説明も何もないでしょ。勝手に「その人でなければ嫌だ」「彼に代わる存在などありえない」なんて思い込んで突っ走るのは、典型的なストーカーじゃないですか! はい、次!

『”必要なタイミングで出逢う”
運命的な恋というのは、その人にとって必要なときに訪れるものです。(後略)』

ナンパ師B/はい、ストーカー気質! はい、次!

編集長A/もう次ないですよ、これで最後でしたからww。ちなみにこの4つめ項目のところに、『ただ運命の恋だからといって、すべてハッピーエンドに終わるというわけではありません。悲恋もありえます。』って書いてあるんですけど……。……え? 「運命の恋」って一生添い遂げる結婚相手との恋って意味じゃなかったのwwww? 最後の最後にそんなこと言うコラムってどうなんですかねww?

ナンパ師B/はい、次! 次回の恋愛コラムパトロールもこうご期待!!

■女子向け恋愛コラムを元メンズファッション誌編集長と500人斬りナンパ師が斬る!とは・・・
最近よくネットメディアで見かける「メンジョイ!」、「オトメスゴレン」、「ハウコレ」、「モデルプレス」、「みんなのウェディング」、「マイナビウーマン」、「Googirl」、「美レンジャー」、「MYLOHAS」、「ローリエ」などの女子向け恋愛指南コラム。【誘われやすい女子になる方法】、【遊び相手にされる女子のNG発言】、【女友達を異性として意識したとき】、【男子が「この女性に最後の愛を捧げる」と決め る瞬間5つ】なんてタイトルの記事がネットのニュースサイトを中心に溢れているわけだが、この中身がなかなかどうして的外れすぎるのだ!!
男からすると「ちょ、そんなことで”運命”とか言い出さないで、怖いから!!」と叫びたくなるような内容を、執筆者がしたり顔(想像)で書いているなんてことも少なくない。
そこで今回も義憤に満ち満ちたこの二人、元ファッション誌編集長で恋愛事情を熟知したA氏(33歳・男性)、そして500人斬りを達成したナンパ師B氏(31歳・男性)が、ドイヒーな恋愛コラムを斬りまくる~!!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP