ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲み食べ放題のビアガーデン はたして料金の元はとれるか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏の風物詩のひとつであるビアガーデン。とりたてて疑問を持たずに、提示されるセット料金をそのまま払うことが多いが、果たしてそれはお得なのか。ジャーナリストの鵜飼克郎氏が、ビアガーデン攻略法を報告する。

 * * *
「近年の猛暑によるビアガーデン人気と女子会ブームが重なり女性客が急増しています。店側も儲かるため期間を拡大し、4月から秋口の10月まで半年以上営業している店もあるほどです」

 そう話すのは、ビアガーデン評論家で「東京ビアガーデン制覇クラブ」主宰の樫原叔子さん。このクラブでは、ビアガーデンを「屋外で80席以上あり、年間90日間以上営業している店舗」と定義。現在、都内には3年前の倍となる60か所のビアガーデンが乱立し、その多くが女性をターゲットにしているという。

「3年ほど前、都内のデパート屋上に美味しい料理を売りにしたビアガーデンが登場し、女性客で連日大入り満員となりました。この影響でどの店も女性を意識するようになった。枝豆やから揚げをつまみながらビールを煽る“オヤジビアガーデン”は激減し、ドリンクを数多く揃え、イタリアンやデザートまでも提供するビアガーデンが珍しくなくなったのです」(樫原さん)

 都内のビアガーデンは飲み放題・食べ放題(2時間)で4500~6000円が一般的。5年前と比べて2000円近く値上がりしている。

「数年前までビアガーデンは2500~3000円で飲み放題・食べ放題の店が多かった。財布の中身を気にせずビールが飲めましたが、食べ放題メニューが豊富になって料金も上がってしまった」(50代の会社員)

 では、ビアガーデンではどれぐらい飲んで食べれば元が取れるのだろうか。まず、生ビールについて飲食店関係者に聞いた。

「業務用15リットル9000円のビア樽なら中ジョッキ(430ミリリットル換算)で35杯、大ジョッキ(840ミリリットル換算)なら18杯分とれる。1杯あたりの原価は中ジョッキが約260円となるので、ビールだけで元を取ろうとすれば20杯近く飲まなければならない。チューハイやソフトドリンクの原価はさらに安く、生ビールの10分の1程度になる」

 2時間という制限時間を考えると、かなり厳しい数字だ。

 また、料理についてもこんな話が聞けた。

「ビアガーデンは雨が降ると中止となり、暑いと予想以上の客が来るので客足が読みづらい。そのため自然と冷凍食品が多くなる。定番メニューの原価は、鶏のから揚げが5個で40~50円程度。枝豆は冷凍ものなら1皿50円程度だ。

ホテルのビアガーデンは宴会場やレストランと連携しているので比較的、高価な食材を使った料理が多いが、それでも5000円分を食べるのはほぼ不可能。食べ放題のビアガーデンでは、フルーツやデザート類の原価が最も高い」(ビアガーデン関係者)

※SAPIO2014年9月号

【関連記事】
暑すぎて外にいられない… 売り上げ伸び悩んだビアガーデン
ビアガーデン開戦で昼飲みや鍋料理がOKに はしご族も出現か
松阪牛&松茸&伊勢海老食べ放題バスツアー 7980-9680円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。