ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミャンマー・シャン族の料理が食べられる食堂に「豆腐そば」を食べに行こう! ノングインレイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミャンマーやタイには、シャン族という民族が暮らしています。素朴でありながら奇抜な食材を使った料理が多く、その味は日本でも味わう事が出来ます。

東京・高田馬場にある『ノングインレイ』は、ミャンマー人の女将さんが人気の食堂です。

シャン族の料理が楽しめるこのお店で一番人気なのが、豆腐そば。

とろとろの豆腐は日本のそれとは違い、とろけた杏仁豆腐のような食感(葛湯よりは固形)。

麺は米麺なのでクセが無く、その味は豆腐とパクチーに依存します。だからすっきりさわやかな味!

豆腐と麺がほぼ同化しているので、箸でつまむと麺と一緒に豆腐が持ち上がります。

ちゅるんとした米麺と豆腐を、パクチー、白ゴマ、粉砕ナッツがエスコート。甘さ控えめの温かい杏仁豆腐のような、なんとも優しい味です。

あわせて食べたいのが、茶葉サラダ。お茶の葉を発酵させて、トマト、キャベツ、人参、小海老、ナッツ等とあえたサラダです。

キャベツがシャリっとしたと思えば、茶葉がフニャッとした食感を生み、ナッツがコリッとした振動を生みます。

サラダとは思えない食感が体験できるのです。

このお店には、イチャクゥエという揚げパンがあります。ミルクティーに浸して食べるのです。

しかし今回は品切れでした。女将さんは「暑すぎて作れなかった(笑)。来週までに作る」と言っていました。

是非とも食べたい料理の一つです。

ノングインレイ

東京都新宿区高田馬場2-19-7 タックイレブンビル

11:30~23:30

年中無休

Post: GoTrip http://gotrip.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP