ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

血糖値を自動で記録!糖尿病の人の生活をサポートするスマートライフログアプリ「Dario」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Darioヘルスケア関連の記録アプリが最近は非常に多くなってきている。

ヘルスケア関連と言っても、ダイエットをしたい人のためのアプリから、お腹に子どもがいる人向けのアプリ、スポーツをする人向けのアプリ、特定の病気を持つ人向けのアプリと様々だ。

今回紹介する「Dario」も、糖尿病の人の生活をサポートするライフログアプリとして注目を集めている、ジャンル特化型のサービスだ。

このサービスの最大の特徴は、アプリと一緒に、ポケットサイズのデバイスを用いる事で、数秒で簡単に自身の血糖値を把握し、アプリ上で自動でログをとれること。

このデバイスでは決済サービスのようにイヤホンジャックに差し込む事で、データをアプリ内で簡単に保存できる仕組みになっている。

血糖値のデータと合わせて、日々の食事の記録や運動の記録を残す事で自分自身の生活データがたまっていき、血糖値が変化した場合の原因をきちんと分析する事が可能だ。

また、そのデータを基に、食事や運動の改善プランを提案してくれる、“オンラインコーチ”的な機能もあり闘病生活をサポートしてくれる。

これまではiPhone版のみの提供だったものの、一部でAndroid版の提供もスタートし、今後の展開に注目が集まるアプリだ。
Dario

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。