ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エビ中、初の単独野外大学芸会を開催&11月に東西アリーナ公演の開催を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私立恵比寿中学が、8月2日(土)に『エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 山中湖』を山中湖交流プラザ“きらら"シアターひびきで開催した。


「ファミリー遠足」通称「ファミえん」は通常のコンサートと異なり、その名の通り“遠足”をモチーフに、日常の喧騒から逃れその行程をも楽しんでもらおうという試み。昨年、世界文化遺産に選ばれた富士山のお膝元、河口湖ステラシアターにておこなわれたファミえんは大好評を博したが、今年は山中湖交流プラザ“きらら”シアターひびきに会場を移し、スケールを拡大。全国各地からのバスツアーも用意された。1万人以上を収容できる会場は、<EBICHU LAKE STANDING AREA>と、ファミリー用に用意された<EBICHU LAKE RELAX AREA>に区分けされ、後者にはバルーンハウスまで設置された。

開演時間になると、山中湖村村長・高村文教氏と「富士の国やまなし観光キャラバン隊長」の武田菱丸(キャラクター)が、FOH(PA卓)後方に設置された火の見櫓に登場。村長の祝辞に続いて「ご存知!エビ中音頭」から“祭り”はスタート。ステージ両脇の暖簾の下から、浴衣を思わせるキュートな花柄の衣装に身を包んだメンバーが飛び出した。

ステージには岩肌を切り出したようなセットが組まれ、中央にはエビ中の校章が刻まれている。「R-O-B-O-C-K」冒頭では、出席番号3番:真山りかと出席番号5番:安本彩花によってひねられたステージ後方の巨大な蛇口から滝が流れ出す。そして最初のMCでは、出席番号9番:松野莉奈の「歓迎の意を込めてあれを披露したいと思います」との前置きに続いて、出席番号11番:小林歌穂と共に、深紅の扇子を手に舞を披露すると、その舞に合わせてステージ前方から一筋の噴水が立ち上がった。これに続いて始まった「未確認中学生X」~「あたしきっと無限ルーパー」では、楽曲の高揚感に呼応するかのように幾筋もの噴水。今年のテーマは「スプラッシュサマーホリデー」と校長(マネージャー)も語るように、“エビ中が織りなす水と人民の饗宴”が始まった。

松野によるMC「私ここから凄く大変なノンストップのブロックに突入する気がする…」と予言した通り、「梅」から始まったハイテンションパートは、「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」「Lon de Don」を経て、ステージ上の炎と花道にまで仕込まれた噴水、さらにはウォーターカーテンまでも使用した、メンバー全員では初披露となるユニット曲「いつかのメイドインジャピャ~ン」で最高潮を迎えた。

いつしか辺りは宵闇に包まれ、セットリストは美メロチューン並ぶ後半パートに突入。本編最後の「幸せの貼り紙はいつも背中に」までを歌い切ると、今回「ファミえん」初参加となった小林と出席番号12番:中山莉子は「やっと遠足っぽくなってきたのに終わるのはやだやだやだ!」「帰りのことなんかどうにかしてください!」と駄々をこね会場の笑いを誘った。

エビ中の新たな夏のテーマソングとも言うべき「ラブリースマイリーベイビー」で始まったアンコールは、更なる熱狂でファミリーを盛り上げ、「フレ!フレ!サイリウム」ではこれでトドメとばかりに所狭しとステージや花道を駆け巡る。そしてパフォーマンスを終え、メインステージに戻ろうとするメンバーに、校長から急遽「東西大学芸会決定」のサプライズ!ウォーターカーテンに映し出されたのは、「11月3日(月)横浜アリーナ」の文字。さらに、「11月8日(土)神戸ワールド」も発表され、祝福の花火が打ち上がった。メンバーは感極まり狂喜乱舞!出席番号7番:星名美怜は「私たち、神奈川の星になれるんだ!」、安本は「夢を見ているみたい」、真山は「(エビ中ファミリーの)みんなに支えられているからここまでこれたんだと思います。本当に有難うございます」と感動をおさえられないメンバーに、会場にいる約6000人のファミリーからは万雷の拍手が送られた。

この日最後を飾ったのは「オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~」。エビ中夏の風物詩とも言うべき代表曲で、初の野外大学芸会を締めくくった。学芸会の魅力を最大限に詰め込んだエビ中の『ファミえん』。年末に行われるグループ史上最大規模となる東西アリーナ公演ではどんな学芸会を見せてくれるのか、期待が持てそうだ。

セットリスト
01. ご存知!エビ中音頭(インディーズベスト『エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~』収録)

02. 仮契約のシンデレラ(1st full Album『中人』収録)

03. R-O-B-O-C-K(1st full Album『中人』収録)

04. あるあるフラダンス(1st full Album『中人』収録)

【MC】水芸 by 松野&小林

05. 未確認中学生X(5thシングル「未確認中学生X」収録))

06. あたしきっと無限ルーパー(1st full Album『中人』収録)

07. 頑張ってる途中(1st full Album『中人』収録)

08. 大人はわかってくれない(1st full Album『中人』収録)

【MC】体操

09. 禁断のカルマ(1st full Album『中人』収録

10. バタフライエフェクト(6thシングル「バタフライエフェクト」収録)

11. アンコールの恋((6thシングル「バタフライエフェクト」収録)

12. 中人Dance Music(1st full Album『中人』収録)

【MC】

13. 梅(1st full Album『中人』収録)

14. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX(1st full Album『中人』収録)

15. Lon de Don(4thシングル「手をつなごう/禁断のカルマ」初回生産限定カルマ盤収録)

16. いつかのメイドインジャピャ~ン(「エビ中のユニットアルバム さいたまスーパーアリーナ盤」収録)

【MC】

17. 手をつなごう(1st full Album『中人』収録)

18. いい湯かな?(1st full Album『中人』収録)

19. 誘惑したいや(1st full Album『中人』収録)

20. 幸せの貼り紙はいつも背中に(6thシングル「バタフライエフェクト」初回生産限定ヨーデル盤収録)

【MC】

【~アンコール~】SE:matsuriture

en1. ラブリースマイリーベイビー((6thシングル「バタフライエフェクト」通常盤収録)

en2. えびぞりダイアモンド!!(インディーズベスト『エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~』収録)

en3. フレ!フレ!サイリウム(「エビ中のユニットアルバム さいたまスーパーアリーナ盤」収録)

【MC】(花火)

en4. オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~(インディーズベスト『エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~』収録)

『エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 山中湖2014』フジテレビNEXT放送情報
放送日時:2014年10月30日(木)21:00~22:30

新生エビ中による初の大規模ライブの模様を独占放送! フジテレビNEXT放送だけのメンバー独占インタビューも敢行! (2014年8月2日(土)山中湖交流プラザ“きらら”シアターひびきにて収録)

昨年に続き二度目の開催となった『エビ中のファミリー遠足 略して ファミえん』。今年は河口湖から山中湖へとメインレイクを移して、よりスケールの大きい“遠足”として行われることが決定。フジテレビNEXTではこの模様を独占放送!ライブだけでなく、この放送だけのメンバー独占インタビューもたっぷりでファンには必見の内容。

■番組HP

http://www.fujitv.co.jp/otn/famien2014/

DVD/Blu-ray『私立恵比寿中学 年忘れ大学芸会2013「エビ中のスター・コンダクター」』
2014年8月27日発売

【DVD】(初回仕様限定盤・2枚組)

DFBL-7181~7182/¥5,980(税込)

【Blu-ray】(初回仕様限定盤)

DFXL-37/¥6,980(税込)

DVD/Blu-ray 『スプリングソニー・ミュージックレーベルズルーキーツアー2014 ドキュメントムービー「EVERYTHING POINT2」』
2014年9月24日発売

【DVD】

DFBL-7190/¥3,800(税込)

【Blu-ray】

DFXL-42/¥4,800(税込)

ライブ・イベント情報
「GIRLS’ FACTORY 14」

8月19日(火) 国立代々木競技場第一体育館

『エビ中沖縄初上陸~ハイタイ!ナイチから来ました。私立恵比寿中学です!いちゃりばちょーでー~』

8月23日(土) サンエー那覇メインプレイス2階シネマQ前特設会場

「氣志團万博2014 ~房総大パニック!超激突!!~Presented byシミズオクト」

9月13日(土) 千葉県・袖ケ浦海浜公園

「イナズマロック フェス 2014」

9月14日(日) 滋賀県草津市 烏丸半島芝生広場 (滋賀県立琵琶湖博物館西隣 多目的広場)













(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
私立恵比寿中学、Zepp Tokyoにて開催された「合コン」にて氣志團と対バン!?
イナズマフェス、雷神ステージにシド・May J.・Every Little Thing出演決定!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP