ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【日本株週間見通し】トヨタ、ソフトバンク決算に注目集まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の7月28日~8月1日の動きを振り返りつつ、8月4日~8月8日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は上昇。主要企業の決算が本格化する中、好業績銘柄への物色が継続。為替市場での円安の流れも安心感につながり、7月31日には一時15759.66円と約半年ぶりの水準を回復している。週末こそ31日の米国市場でNYダウが300ドルを超える下げとなったほか、米雇用統計を控えて利食いが先行。しかし、日経平均の下げは限定的であり、底堅さが意識されていた。

 決算については第1弾のピークが通過し、コンセンサスを上振れる企業が多く、市場は高評価をみせている。これまでは、決算結果を受けて短期資金が集中し、これが日替わり的な物色につながり、次第に手掛けづらくなっていた。しかし、今回は継続的に資金流入が続いていることから、投資家にとって安心感がある市場環境である。とはいえ、業績が良い企業と悪い企業が二極化しており、悪い企業に関してはストップ安まで売り込まれる銘柄も目立つ。アク抜けといった動きではなく、決算を受けて、改めて評価する流れに映る。

 そのため、ザラバ決算銘柄へも先回り的な動きはしづらく、発表直後の乱高下の動きはそれ程目立たない。結果を見極めてから改めて参戦しても間に合う状況であろう。さらに、今週はコロプラ<3668>が急騰。決算では上方修正しているが、内容は市場コンセンサスの範囲内であった。これまでなら、材料出尽くしになるかに思えたが、反対に評価が強まる状況をみると、個人の需給は相当良好である。

 今週も主要企業の決算が続くが、トヨタ<7203>、ソフトバンク<9984>辺りの動向が、今後の方向性を映しそうである。そのほか、7、8日には日本銀行が政策委員会・金融政策決定会合を開き、会合後に黒田総裁が会見する。現状維持であろうが、決算が本格化する中では嫌気されることはないだろう。反対に、ポジティブ材料には敏感に反応しそうである。そのほか、7日にJPX日経400の採用銘柄の入れ替えが発表される。改めて高ROE銘柄への関心が集まりそうである。

【関連記事】
2013年に大化け期待の日本株を探し当てるための4条件を紹介
「日本経済の期待成長率低い中で狙うべきは小型株」と専門家
「JPX日経400連動投資信託」 個人投資家の有力な選択肢に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP