ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生体吸収性ステント 二酸化炭素と水に分解され3年目に消滅

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 動脈硬化で血管が狭窄した場合の治療として、カテーテルによる内科的治療が広く行なわれている。1990年代、金属製の網状の筒のステントを留置する方法が登場した。低侵襲だが、再狭窄率が約30%と高いのが問題だった。その後、ステントに薬剤を塗った薬剤溶出ステントが開発され、再狭窄率が低下、現在はこれが主流だ。

 しかし、金属製ステントは一度入れると、ずっと体内に残るため、血管のしなやかさが損なわれるだけでなく再狭窄の治療が難しい。これを解決するため、日本で生体吸収性ステント開発が行なわれた。

 滋賀県立成人病センター循環器内科の小菅邦彦部長に話を聞いた。

「日本人は体内に異物が残ることを嫌います。そこで、当時の循環器内科の故・玉井秀男部長が、京都医療設計代表の伊垣敬二氏に依頼し、生体吸収性ステントの共同開発を始めました。こうして誕生したのがIgaki(イガキ)-Tamai(タマイ)ステントです。1998年に院内倫理審査会の許可を得て、世界で初めて冠動脈狭窄(きょうさく)患者さんに留置する臨床研究を実施しました」

 Igaki-Tamaiステントの素材は、ポリL乳酸(PLLA)だ。トウモロコシの澱粉から乳酸を作り、高分子のPLLAを作成する。特殊な編み方で網状の筒を作り、50℃の熱を加えると、自己拡張する形状記憶の性質を持つステントを開発した。狭窄部で広がり、半年から1年ほど血管を内側から支え、その後二酸化炭素と水に分解し、3年目には消滅する。

 Igaki-Tamaiステントは、2007年にヨーロッパで下肢閉塞性動脈硬化症用として世界で初めて承認され、一般に使用されている。ようやく今年、国内の施設で閉塞性動脈硬化症に対するIgaki-Tamaiステントの治験がスタート、参加者のエントリーを行なっている。

 生体吸収性ステントは、日本がリードしてコンセプトを開発し、その後欧米の企業が続々と開発に乗り出している。冠動脈への生体吸収性ステント承認は、日本ではまだないが、薬剤溶出の生体吸収性ステントも開発されており、将来的には普及すると期待されている。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2014年8月8日号

【関連記事】
末期大腸がんをいかに負担なく治療するか? その方法とは
食生活の欧米化で血液の流れが悪くなる大動脈弁狭窄症が増加
大腸ステントが保険承認 症状緩和し患者のQOL上げると医師

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。