ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK受信契約スタッフのユウウツ 「逆ギレされて包丁」「東京の人は口も聞いてくれない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。ライターのロベルト麻生です。暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。自分はというと、先日夏バテでダウンして寝込んでいたら、ちょっと驚いたことがありました。

普段は仕事で日中家を開けていることが多いのですが、この日に限って15時ごろに突然のチャイム。返事をすると「NHKから委託を受けた者です」と言うではありませんか。

ついに来てしまったか、受信契約。もはや居留守も使えないので玄関を開けます。現れたのは、30前後の爽やかな感じの男性。NHKのロゴが入った身分証を見せ、「こちらにはいつからお住まいですか? 部屋にテレビはありますか」と聞いてきます。

「あー、皆さんそういう顔するんですよ」

現在住んでいる都内の築30年のボロマンションには、今年3月に入居。それまでは実家だったので、NHKの契約はしていません。

部屋にはテレビがあり、NHKのニュースウォッチ9もよく観るので、「じゃあ、受信契約します」と渋々ハンコとキャッシュカードを用意します。これから2か月ごとに、2560円が自動引き落としになるのかあ…。

僕が相当嫌そうな顔をしていたのか、「あー、皆さんそういう顔するんですよ。少なくともいい顔をされたことないですね」。せっかくなので詳しく聞くと、契約を促すと逆ギレする人も結構いるとのこと。

「この前なんかは50代ぐらいの男の人が怒って、包丁持ち出してきましたね」

とかなり物騒な経験もしているようです。そこまでいかなくても、邪険にされることは日常茶飯事なようで、

「神奈川とかの人は優しいけど、東京はみんな口も聞いてくれません。自分は東北出身で『東京の人は冷たい』って聞かされていましたけど、本当ですね」

と、少し同情しそうになります。でも東京って、地方出身者の巣窟なんですけどね。

顔が割れて警戒されるので「数か月で地域変更」

さらに聞くと、各家を回っていて面倒なのが、日中誰も居ない家。特に東京は単身者も多く、僕の家にもすでに何回か来ていたといいます。そのため契約スタッフの中には、夜10時半にお宅訪問する強硬派もいるようで、

「さすがに社内でも『お前よくその時間に行ったな』と言われていました」

ネットで「NHK撃退方法」を見て、契約を拒もうとする人にも困っているようです。NHKの受信契約は放送法で義務付けられているものの、受信契約スタッフはNHKの従業員ではないので、法律を楯に契約を迫ることができないのだとか。とはいえ、

「払っておいたほうがいいですよ。東京でも今裁判が何件か起きていますから」

と、その辺りは強気です。

ちなみに、その男性スタッフは今僕が住んでいる地区の担当は、7月で終了。8月から別の地区に移るといいます。なんでも、同じ地域でずっとやっていると、住民に顔が割れて警戒されてしまうので、数か月ごとに地域を変更するのだとか。まるでスパイです。

最後に、しつこく仕事の内容を聞かれたからか、「この仕事やってみたいんですか? メンタル強いですね」と逆質問が。「いえ、自分には無理そうです」と答えておきました。(ロベルト麻生)

あわせてよみたい:富士通社員は給料を「残業代」でしか稼げない!

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP