ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでSF映画! 砂漠の水不足解消プロジェクトがすごい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

砂漠に突如として現れた謎の建造物! SF映画に登場しそうな物体です。実はこれ、水不足を解決する素晴らしい物なのです。

アフリカの砂漠で、水不足解消のために壮大なプロジェクトが始まりました。

「ワーカウォーター」という高さ9メートルに及ぶ竹などの材で出来たモニュメント。中のプラスチッック製の網を支える形になっています。

夜、気温が下がると空気中の湿気が網に集まり、装置の下部にあるタンクに水となって溜まっていく仕組みです。

砂漠に住むカブトムシの生体にヒントを得て開発されました。砂漠ならではの激しい昼夜の寒暖差が、沢山の水分を収集する事を可能にしています。

網の構造で表面積を広げる事により、なんと一夜で100リットルもの水を溜める事も出来るのだとか。

SFのように見えて、実は竹と網のシンプルな作りの集水タンク。地元の村民にも簡単に建てられるようになっています。

子供たちが毎日何時間もかけて水を汲みに行くのが日課となっているアフリカの砂漠地帯の人々を、慢性的な水不足から解放することが期待されています。

来年にはエチオピアに2基設置予定とのこと。本当に水不足が解決できたら素晴らしいですね!!

By Tomo

Post: GoTrip!

Via: iflscience

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP