ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

危険ドラッグ「規制や罰則強化だけでは撲滅できない」と識者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「脱法ハーブ」改め、「危険ドラッグ」のニュースがやたら目に付くようになった。名称はともかく、その根本的な解決はどうあるべきか。コラムニストのオバタカズユキ氏が考える。

 * * *
 今年は、「危険ドラッグ」の夏である。

 7月22日に警察庁と厚生労働省が、(私の印象としては唐突に)これまで「脱法ハーブ」「脱法ドラッグ」と呼ばれていたブツを、これからは「危険ドラッグ」の新呼称に改める、と発表した。

 「ドラッグ」という言葉は「麻薬」の意味でも使われてきたので、わざわざそれに「危険」をかぶせると、「危険が危ない」的な重複表現になってしまいヘンである。しかも、造語として安直感があり、ちっとも危険な気配がしない。案の定、ネットの世界では、そのセンスなさが槍玉に挙げられ、「母さん助けて詐欺(元・振り込め詐欺)」や「E電(元・国電)」のような運命をたどるだろう、と呆れられた。

 ところが、である。発表の次の日から、各種メディアはみんなためらいなく「危険ドラッグ」の呼称を躍らせた。
 
<危険ドラッグ>逮捕の前神奈川県議「2年前から始めた」(毎日新聞7/23)、
路上で男性倒れる危険ドラッグ吸引か(日本テレビ系7/23)、「危険ドラッグ」所持容疑高校生ら男女2人を逮捕(朝日新聞デジタル7/23)、危険ドラッグ工場を摘発=植物片混ぜ「ハーブ」に(時事通信7/23)……。

 発表翌日だけでこんなに大量の関連ニュースが流れた。そして、その勢いはいまだに衰えない。主なものだけかいつまもう。

 大阪府警などが「危険ドラッグ」店一斉立ち入り(産経新聞7/24)、<危険ドラッグ>女子高生、少年を所持容疑で逮捕山梨で初(毎日新聞7/24)、危険ドラッグ、車暴走3人けが=無免許容疑で26歳男逮捕―大阪府警(時事通信7/25)、「ストレス解消」と巡査部長、危険ドラッグ所持(読売新聞7/26)、危険ドラッグ撲滅訴え渋谷で住民らイベント(TBS系7/27)、危険ドラッグ使用の疑い強い場合、物損事故でも現行犯逮捕へ(TBS系7/28)、危険ドラッグ吸引して高速道路運転、男を逮捕(読売新7/29)、危険ドラッグ吸引か信号待ちの車に追突、無職男を逮捕(産経新聞7/29)……。

 もうお腹いっぱいである。と同時に、すでに「危険ドラッグ」という呼称に違和感を覚えなくなっている自分を発見する。ヘンだ、センスがないと感じた造語でも、繰り返し目にすることで簡単に慣れてしまうものなのだ。

 それにしても、こうしてニュースの見出しを並べてみると、国を挙げて危険ドラッグ撲滅モードに突入している勢いの程がわかる。ご存知の通り、「危険ドラッグ」は化学構造の一部を変えた新しいブツが容易につくられるため、いくら違法指定してもキリがない厄介な薬物だ。また、覚せい剤や大麻と違い、規制物質の有無を確かめる簡易検査キットがなく、現行犯逮捕ができないともいわれている。

 けれども、この夏の「危険ドラッグ」ニュースを見ている限り、そんな「法律の限界」なんか関係ないかのごとくである。実際、何人も所持容疑で逮捕しまくっているし、ドラッグ工場も摘発しているし、ドラッグでよろよろ運転している者は過労運転を禁止する道交法を適用して現行犯逮捕できているのだ。国や警察がその気になれば、やりようはいろいろなのだ。

 そしてそうした成り行きを、われわれ一般は、別段、おかしいとも思わずに眺めている。逆に「こんなに騒がれているのに、ドラッグやって車運転とかバカだよね」と嗤っている。

 たしかにこの騒ぎの中でラリって事故をおこしている連中はバカだ。バカどもをあの手この手で捕まえ、ドラッグ店の立ち入りもどんどん行い、生産工場を突き止め次第つぶしにかかることは、多少権力の暴走気味なところがあったとしても、現在の国民感情に背くものではない。なんたって、モノによっては覚せい剤を超える毒性がある「危険ドラッグ」なのだから、それは国を挙げて撲滅して当然だ、という空気が濃厚だ。

 しかし、である。この拙稿を書くにあたって小調べをしていくうちに、意外なデータが目にとまったことは明記しておきたい。

 2013年10月に厚生労働省が国立精神・神経医療センターに委託して実施した「飲酒・喫煙・くすりの使用についてのアンケート調査」では、「危険ドラッグ」の生涯経験率は0.4%と算出されている。ここでいう「生涯経験率」とは、全国の15歳から64歳のうち、これまで生きてきてその薬物を使ったことのある人の比率だ。調査では、有効回答数2948人中、「危険ドラッグ」を1回でも使用したことがあったのは12人だった。

 これは正直、「思ったよりずっと少ない」という印象を私は抱いたのだが、いかがだろうか。ニュースで伝えられる世の中は、「危険ドラッグ」まみれのヤバい世界に映るのだけれども、現実社会はそこまでひどくなく、まだまだごく少数の人々の問題といえるのではないだろうか。

 ちなみに同調査によれば、他の違法薬物の生涯経験率は、有機溶剤(シンナーなど)が1.9%、大麻1.1%、覚せい剤0.5%、MDA0.3%などである。また、「脱法ドラッグ」乱用経験者の75%の者には大麻の乱用経験もあり、50%の者には有機溶剤乱用経験、33.3%の者には覚せい剤の乱用経験が認められた、とある。つまり、他のドラッグで薬物依存症になっている人々が、新たに出回り始めた「危険ドラッグ」にも手を出したケースが多いわけだ。

 こうした薬物依存症者の場合、逮捕して痛い目に合わせるだけでは、シャバに出てきてまた何らかの薬物に手を出してしまうだろう。「危険ドラッグ」撲滅を本当に目指すなら、規制や罰則の強化と並行して、薬物依存症者を医療や福祉で立ち直らせる体制づくりも欠かせない。

 そして、「危険ドラッグ」のニュースで大騒ぎとなっているこの夏からでも、次のような薬物依存症者向けの常識や情報を、各種メディアは流したらいいと思うのだ。

 例えば、違法薬物に手を出していることを知っても、医療従事者には警察への通報の義務はないから薬物依存症者は安心して病院にいくべきである。ただし、ふつうの心療内科や精神科では薬物依存症者を嫌がるところも少なくないので、初診は薬物依存症専門外来のある病院に行ったほうがいい。あるいは、DARCをはじめとした薬物依存症者の自助グループが各地にあるから、そこで相談してみるのもいい……などなど。

 「危険ドラッグ」に手を出すごく少数のバカでも排除せず、しょうがねぇなと包みこんでやり直させる社会のほうが私はしっくりくる。キレイ事でそう言うのではなく、そうしないと薬物問題は根本解決へ向かわず、ドラッグによる犯罪や事故は減らないからである。

【関連記事】
最初の性犯罪がバレないとスリルで覚せい剤同様「依存症」に
セックス依存症女性の多くは恋愛のトラウマや虐待経験あり
ASKA逮捕で関係者「著名ミュージシャンへ捜査進めたい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP