ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ギャンブルにはまる心理と犬のトレーニング 理屈は同じとの説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 犬のトレーニングといえば、教えたい行動をとったときにフードを提供するのが定番だが、毎回与え続けるより、途中からランダムに与えたほうが行動が定着するという。Can! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導する西川文二氏が、犬のトレーニングで有効と言われるランダムにいいことを起こす方法と、ギャンブルとの共通性について解説する。

 * * *
 この夏休み、海外旅行に出かける方も少なくないんでしょうな。中にはカジノなんかいって、ギャンブルに興じようなんてご貴兄もおられるかも。

 最初は当たって当たって、そのうち当たらなくなって、気がついたら、やめられなくなっちゃって……なんて話はよくある。百億円以上をつぎ込んだ、どこぞの御曹司なんてのが世を賑わわせたこともある。

 結果的にいいことが起きた行動の頻度を、動物は高め、定着させてく。さて、いいことは毎回起きる方がいいのか、それとも時々の方が効果的なのか。もちろん、こうしたことも研究されてる。

 頻度を高めたい行動に対して毎回いいことを起こす、これ連続強化スケジュールっていう。強化とは行動の頻度が高まること。で、時々いいことを起こす方法もある。こちらは部分強化スケジュール。

 動物実験などをもとにわかってるのは、連続強化スケジュールから、ランダムにいいことを起こすっちゅう部分強化スケジュールへ移行させていく流れ。このパターンが、行動を定着させていくのに、いちばん効率的ってこと。

 ギャンブルにはめられちゃう、はまっちゃう人の多くは、意図的であれ、偶然であれ、このパターンにやられてる。

 犬のトレーニングは、ギャンブルとは違うけどね、教えたい行動を効率よく定着させたいのなら、理屈は同じ。最初は、いいこと、すなわちフードを毎回提供する。その行動を犬がそこそことるようになってきたら、言葉でほめ、フードは時々あげるように変えてく。

 するとですね、教えたい行動を効率よく定着させられるんですね。なるほどね、ってうなずかれたご貴兄、もしカジノに出かけてゲーム開始早々連続して勝てたら……喜んでばかりもいられないかも、ってことですよ。

※週刊ポスト2014年8月8日号

【関連記事】
これはマズい……ギャンブルにハマる人の10パターン
競艇で3億円負けた坂上忍 ギャンブル好きの原点は石立鉄男
ギャンブルで5000万円稼いだ芸人 稼ぐ4つの鉄則を伝授

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP