ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大分「珍」スポット】 参拝すると上手くなる!? B級パワスポ「カラオケ神社」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カラオケボックスに行き、歌を熱唱する。そのスコアを上げるために日々、歌の特訓する人に朗報!!――全国的にも極めて珍しい「カラオケ」の神様をまつる神社が、大分県杵築市にある。その名もズバリ「歌羅音健(カラオケ)神社」だ。
そのカラオケ神社に先日、足を運んでみた。のどかな田園地帯が広がる場所に突然、白地に黒文字で「歌羅音健(カラオケ)神社」の案内板が出現した。その案内に従ってまっすぐ進むと迷わずに到着した。
境内、というより、鳥居があり、本殿があって、以上おわり・・・みたいな建物。もちろんこの神社、本殿はプレハブ小屋であるし、由緒正しい正式な神社ではない。だが、カラオケをわざわざ“歌羅音健”という当て字にしたのはスゴいとしか言いようがなく、よく見るとどこかの配管を組み合わせて作ったような鳥居も、そのチープさがまさにB級といえる。いちおう、賽銭箱らしきものもあった。
そして、神社の横にある建物は、窓越しに中をのぞくと「カラオケ公民館」とあり、立派な舞台と、立派なカラオケ装置があるのを目撃。地元の人々はここに集まり、歌を歌って健康を維持しているのだろうか。残念ながら、訪れた日は誰1人いなかったのが真偽のほどは不明だが、公民館に貼られていた演歌のポスターは古くはなく、建物の内外もきれいにメンテナンス・掃除されていた。
歌がどの程度、上達するのかなどご利益のほどは不明だが、日本全国くまなく探しても、そのマニアック度は相当高いと思われるこのカラオケ神社。B級スポット好きにはたまらないかも。
歌羅音健(カラオケ)神社住所:大分県杵築市守江
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【大阪「珍」シリーズ】 大阪の大通り「筋」「通り」の謎を解く!
【奈良「珍」スポット】昭和レトロそのままの遊園地&日本最古の飛行塔
【連載・日本の駅】 大阪市営地下鉄・動物園前駅 等身大の「動物」と遊ぶ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP