ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国新人ガールズユニットのMVが物議 「炎上商法か?」の声も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国新人ガールズユニットのMVが物議 「炎上商法か?」の声も
8月1日、韓国の芸能事務所・SM Entertainmentよりデビューした4人組のガールズユニット「Red Velvet」のデビュー曲『Happiness』のミュージックビデオに、終戦直前に広島に落ちた原爆に関する米紙の記事が登場し、物議を醸している。

このMVは、全体的に実写とアニメとコラージュを配したものとなっており、『Happiness』の楽曲とともに、メンバーたちが登場するという内容となっているが、その背景に着目すると、34~35秒あたりに、原爆を扱った米国の新聞記事がたしかに確認できる。また、このほかにも、新聞記事中には「JAPS」「HIROSHIMA」という文言が、さらには2分24秒のあたりで、高層ビルに向かって機首を下げる飛行機と、その横の立ち上る煙のカットが「9.11テロを連想させる」として、多くのユーザーから批判が殺到しているようだ。

「もう反日メッセージには懲り懲りだよ」
「メンバーの子には罪がないのにかわいそうだよな」
「広島の原爆とかさりげなく入れてくるあたり、悪意を感じる…」
「サブリミナル狙ってます? そしてこれでPVの再生回数増やす炎上商法ですか?」
「いくつも記事なんてあるだろうに、わざわざこれをチョイスするというのもね…」
「デビュー曲のMVでこれはないよな」
「いろんなところに敵をつくる気ですね、わかります」

…と、ネット上の意見は、呆れ半分、憤り半分といったところ。

【動画】http://youtu.be/z4I2Ai-nNOw

無論、制作者にとって、どのような意図があったかは知る由もないが、少なくとも、こうした題材を作品に持ち込むことで、不要な騒動が巻き起こることは想定できた事態。それを含めて、「プロモーションになればいい」という考えであったのならば、殊更ツッコミを入れる必要もないかもしれないが、新しいユニットのデビューに際し、こうした仕掛けをすることが、彼女たちの今後のことを考えたときに、はたして、賢明な選択であったかどうかは、いささか疑問である。

猪俣進次郎

【参照リンク】
・Red Velvet _Music Video
http://youtu.be/z4I2Ai-nNOw 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。