ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

剛力『あすなろ』高評価も打切の噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月29日に放送された、剛力彩芽と柳葉敏郎が出演するドラマ『あすなろ三三七拍子』(フジテレビ系)の第3話は、視聴率が5.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわなかった。初回は7.7%、第2話は5.1%で、今ひとつパッとしない数字が続いているが、ネットの声を見てみると、観た人からは同ドラマを評価する声ばかりが寄せられている。

【画像や図表を見る】

同ドラマは作家・重松清の同名小説が原作。廃部の危機に瀕している翌檜(あすなろ)大学応援団を救うため、50歳の中年サラリーマン・藤巻大介(柳葉)はリストラを免除してもらう代わりに、社長がOB会幹事長を務める同応援団の団長に就任。応援団のOBたちに指導され、藤巻は大学生たちとともに「とにかく」「ひたすら」「懸命にやる」という“応援の哲学”を学んでいく。ヒロインは剛力で、応援団OB役に反町隆史、ほんこん、学生役には風間俊介、高畑充希と、豪華出演陣が脇を固める。

視聴率の低迷を受けて、ネット上には“打ち切り”の噂も流れているようだが、ツイッターには、

「あすなろ視聴率悪いみたいだけど みんな観よーよ 打ち切りはイヤだー」
「あすなろ三三七拍子、面白い(^^)暑いときに熱い内容!スカッとします♪」
「え、あすなろ三三七拍子面白いやん、普通に。これを微妙って言う人は今までに何かに全力を注いだことがないかか、本気で何かを成し遂げる事をしたことがない人やね」
「今、一番笑えるドラマは『あすなろ三三七拍子』だ。タイトル、ダサすぎだが、このドラマは可笑しい」

と、“面白い”という声が多数で、それに見合った視聴率を記録していないことを不思議に思う声もあるほど。ちなみに、ヒロインの剛力についても、

「あすなろの剛力ちゃんはハマり役だと思う」
「『あすなろ三々七拍子』に男装、学ラン姿で出ている剛力彩芽がカッコいい。この子、愛だの恋だのよりも肩ひじ張って頑張っている、ちょっとボーイッシュな役柄をやっている時の方が色っぽい気がする」
(以上すべて原文ママ)

などと好評だ。

“応援”をテーマにした熱血ドラマに、ネットユーザーの応援の声は届くか。今後の同ドラマに注目だ。
(R25編集部)

剛力『あすなろ』高評価も打切の噂はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
剛力主演の「アフィ」ドラマに注目
飯豊まりえ16歳 ブレイク寸前
剛力ダンス 第2弾は「ガオガオ」
剛力彩芽の名字の由来は富士登山?
27時間の影響 HERO再び好調

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP