ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国広東省で健康な労働者の睡眠中突然死が続出 年間80人も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国広東省の工業生産の拠点都市、東莞市で、1990年1月から昨年10月までの約24年の間に、20歳から40歳までの比較的若い健康な労働者計1124人が睡眠中に突然死していたことが分かった。

 それも年々、死者は増加している。そのほとんどが病歴のない男性で、既往症がなく、持病もないだけに、労働者の間では「気味が悪い。ミステリーのようだ」と突然死の原因解明を望む声が強まっている。

 この突然死の特徴は睡眠中に突然、呼吸が止まり、そのまま死に至るというもの。

 東莞市警察署の記録によると、1990年1月から2000年末までの11年間で231人だったものが、2001年1月から昨年10月までの約13年間では893人と、年間当たり20人から80人以上と4倍以上も急増している。

 東莞市は中国の経済改革の先進都市である深セン市に隣接しており、1万5000社以上の外国企業が製造拠点を置いている。工場の従業員はほとんどが地方都市からの民工(出稼ぎ労働者)だ。

 広東省の中山医学院が警察の資料をもとに調査したところでは、死者の9割以上が男性で、それもほぼ全員が単純作業を主にした肉体労働者だった。検死の結果、これまで大きな病気にかかったことがない健康な20代から40代の男性に集中していた。

 調査に当たった医師によると、特定の原因究明にはいたらなかったが、いずれも一家の大黒柱で、郷里に子供や妻などを残している人が多かった。また、労働時間が長かったのが特徴だが、中国では残業は当たり前で、他の労働者も同じ条件で働いており、経営者の落ち度とするのは、中国では難しいという。

「このような突然死は東南アジア諸国にも多く見られ、労働環境が劣悪ななかで、長年にわたる過労で肉体的に弱っているところに、精神的にもストレスがたまり、突然死にいたったのではないか」と推測している。

 ネット上の書き込みでは「東莞にいるときはいつも死の恐怖にさいなまれている」とか、「原因をしっかりと糾明してくれないと気味が悪い」「心臓の不整脈など心臓の異常が原因ではないか」との声までさまざまだ。

【関連記事】
中国で工場労働者は精子異常、ホワイトカラーは過労死多発
「賃上げ、今年あたりで限界」と中国で会社経営の大前研一氏
日本が移住しやすくなれば外国人労働者流入し多様な人材育つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP