ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

sukida dramas、9月10日リリースの1stミニアルバムから「Kansas」のMVを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初の全国流通盤となる1stシングル「TEDDY BOY」が話題を呼んだsukida dramasが、9月10日にリリースする1stミニアルバム『Open The Sesame!!』収録曲の「Kansas」のMVを公開した。


今作は「Teddy Boy」のMVに続き、ディレクターに赤い公園、或る感覚など多数のアーティストから熱烈なラブコールを受ける青木カズロー氏を起用。ワチャワチャ楽しい彼らの空気感が封じ込められた内容となっている。

また、CDジャケットは人気イラストレーターJUN OSON氏による描き下ろしとのことで、多方面からも注目を浴びること間違いない。

音楽の楽しさを体現するsukida dramasに要注目!

「Kansas」MV
https://www.youtube.com/watch?v=zteyzXIJBTY

タイラダイスケ(FREE THROW) コメント
初めて彼らのライブを見た時の第一印象は「カラフル」だった。

ユーモアたっぷりの言葉選びやステージングは否が応にも目を奪われるし、それを軽薄に感じさせないだけの説得力を備えた音楽的挑戦とアイディアもある。

だからこそ、このガチャガチャ感が、とっても愛おしい。

さらに、彼らの何よりの魅力はちゃんと「毒」があるところだ。

それを色鮮やかな着色で、絶妙な味付けで食わせてくる。結局中毒。無垢そうな顔して確信犯。

今回「Open The Sesame!!」の音源を聴いて、この印象が薄まるどころがより濃くなっていることにまず驚く。単純に音が良い。

何が飛び出てくるか分からないアレンジや音色。声の魅力。

あのライブの光景が蘇ってくる。早くまた彼らのライブが見たい!

punpun(new house) コメント
日々の色んな感情一つ一つを大事にしながら それらが丁寧に丁寧に、そして凄く元気に面白く!

楽曲・歌・演奏の細部まで落とし込まれているこの作品、本当に心打たれてます。

これ聴いた上でまた早くライブ見たいです。

竹内サティフォ(ONIGAWARA) コメント
CDを再生して、みんなのシンガロングが聴こえてきた瞬間、『絶対いいバンドだ!』ってなりました。

僕が好きになるバンドの基準として『笑えるバンド』ってのが結構大事なんです。

この作品を聴いて、sukida dramasは『笑えるバンド』だと思いました。

多分この子達アホです!いい意味で!

頭を空っぽにして楽しめる気分爽快(by森高千里)な作品です!

若杉 厚介(TWO FOUR)
少し肌寒くなったキャンプ場の夜、さっきまでの騒ぎが嘘みたいに語り合っちゃったりしてしんみり、かと思ったら怖い話とかしてまた馬鹿騒ぎ、結局朝まで眠らず生き残りみたいに一人取り残されちゃったみたいな、で朝のいい景色を独り占めにしたりして。

良質な音楽はいつでもどっかに連れてってくれるけど、彼らは丁度いい距離(面倒くさくならない程度の)の程よく楽しい旅行に連れてってくれる。9月のリリースも丁度いいね!

あ、あと僕ミックスさせてもらってます。丁度いいくらいの広がりのあるミックスになってるのでそこも要チェックです。笑

ミニアルバム『Open The Sesame!!』
2014年9月10日発売

OBOCD-024/¥1,500(税抜)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
sukida dramas オフィシャルHP
sukida dramasがミニアルバム『Open The Sesame!!』を9月10日にリリース

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP