ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国ではリベンジポルノ規制あり 日本も乗り出すべきと識者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・三鷹市の閑静な住宅街に住む私立高校3年の女子生徒(18)が、かつての交際相手だった池永チャールストーマス容疑者(21)に襲われた事件。発生6日前の10月2日、女子生徒の写真計67枚がインターネット上にバラまかれた。写真は女子生徒自身の手によっての撮影、いわゆる「自画撮り」されたものだった。

 誰かに見せるとしても、非常に親しい関係にある人にしか見せないようなものばかりだ。不特定多数に向かって写真が公開されるのは、女子生徒への脅迫が目的としか考えられない。

 その画像がアップされた翌々日、女子生徒は高校の担任にストーカー被害を相談し、担任は警察にも連絡している。さらにその2日後、同じユーザー名から沙彩さんが映る1分間の動画が投稿された。同日、アップされているサイトのアドレスを池永容疑者はツイッター上で拡散させた。
 
 その2日後、女子生徒は両親を伴って三鷹署を訪れた。警察からの警告の留守電を聞いて、男はナイフを握りしめ、女子生徒宅に侵入して身を潜めた。夕刻、男は女子生徒を刺殺し、逃走中の18時29分、ネット上の掲示板に画像のアドレスを掲載した上で、
 
〈被害者。無差別ではないです。恨みがありました。〉
 
 と犯行動機の告白とも読める書き込みを行なった。その数分後、殺人鬼は現場近くで逮捕された。
 
 警察の調べに対し、池永容疑者はそれらの投稿を行なったことを認める供述をしているという。
 
 フラれた腹いせに、元恋人や元配偶者の裸の写真や映像をネットに投稿する──そのような行為は「復讐ポルノ(リベンジポルノ)」と呼ばれ、世界的に社会問題になっている。この10月、米カリフォルニア州議会では、嫌がらせを意図してヌード写真をネットに流通させた者には、最大で6か月の禁固か1000ドルの罰金を科す法案を成立させた。ITジャーナリストの小山哲太郎氏が指摘する。
 
「1度ネット上に画像や動画が流出してしまうと、劣化しないままいつまでたってもコピーが流布し、なくなることがない。被害者には壮絶なダメージを与えることになる。また、被害者が幼ければ児童ポルノにも該当する。現状では、弱い立場の女性や子供ばかりが脅威に晒されている。
 
 アメリカのリベンジポルノ規制は大きな一歩。海外サーバーだと摘発が難しいなど問題も多いが、早く日本でも法規制に乗り出すべきだ」

※週刊ポスト2013年10月25日号

【関連記事】
弁護士を雇ってリベンジポルノを削除する費用 1件5万円前後
ポルノ産業1人あたり売り上げ 韓国が世界一、日本は2位
三鷹市女子高生刺殺犯「後悔や反省は見られず」と捜査関係者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。