ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

弁護士を雇ってリベンジポルノを削除する費用 1件5万円前後

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京三鷹に住む高校3年生の女子生徒(享年18)が、元交際相手の無職・池永チャールストーマス容疑者(21才)にストーカー行為の末殺害された事件。池永容疑者は、女子生徒と恋人時代に撮影したプライベート画像や動画をネット上にアップしていた。

 このように別れた相手が、交際中のプライベート画像や動画をネット上にばらまくことを“リベンジポルノ”という。アメリカではすでに社会問題になっていて、現在、日本でも増加傾向にあるという。ネット犯罪に詳しい弁護士・清水陽平さんは言う。

「別れた男に恥ずかしい画像をアップされたけど、どうすればいいのかという相談がここ数年、増えています」

 もし、自分や家族が“リベンジポルノ”の被害者になってしまったら、どう対処したらいいのだろうか。まずは、画像がアップされているホームページの管理者に、メールなどで連絡を取り、削除を依頼する。管理者の連絡先がわからない場合には、そのサイトのプロバイダーや運営会社に削除を依頼できる。

「ヤフーやグーグルなどの検索エンジンを運営する会社に、検索結果が表示されないよう、要請してみるのも効果的です。ただし、対象が未成年者の場合には検索エンジン側も応じてくれやすいようなのですが、そうでない場合は、ケースバイケースの対応になります」(清水さん)

 さらに、海外のサイトでは、こういった依頼に応じないところも多いという。こうしたケースでは、弁護士を立てて、1件、1件削除していく。費用の相場は、1件5万円前後だという。費用も時間もかかることを覚悟せねばならない。

 残念ながら、どれだけ対策をとっても、一度ネットに流出してしまった画像はコピーも再配布も可能なため、すべて消し去ることは難しい。

 そうしたリスクを踏まえて、安易にプライベートショットを撮ったり、メール送信したりしないよう注意すべきだ。

※女性セブン2013年11月7日号

【関連記事】
AKB板野・優木まおみ・柴咲コウ他のメガネエピソードを紹介
有働由美子アナ 黒ワンピ姿で人差し指をくわえて物憂げに佇む
妊娠5か月の小雪 舞台挨拶で「最近蹴り始めたんです」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP