ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんと累計2500時間以上!役場のPCでアダルト動画三昧で公務員(57)を処分

DATE:
  • ガジェット通信を≫


仕事の合間につい友達とのメールをやってしまう、勤務中にtwitterやソーシャルゲームをやってしまう…など、最近では勤務時間内で、私的な目的でネットをやってしまうという行為が増えているため、そうした行為が行われないよう、モラル向上を訴える声が広まっているが、そうしたなか、このほどある行為を繰り返して”ネット中毒公務員”に処分が下った。

事態の発覚を受け、停職3カ月の懲戒処分の末に依願退職することとなったのは、神奈川県湯河原町役場の男性課長(54)。彼は勤務時間中に役場のパソコンを使い、なんと2500時間以上もの間、アダルト動画や音楽ファイルなどをダウンロードしまくるという”ネット中毒”ぶりを発揮。挙げ句の果てにはウイルスに感染し、備品であるパソコンに深刻なダメージを与えて、使用不能に陥らせてしまうという、前代未聞の事件を引き起こしてしまった。

これに対しネット上では、

「中学生でもしねえよwww」
「54歳でこの性欲はすごいと思う。尊敬するわ」
「退職後もお宝の山に囲まれてしあわせだなw」
「2500時間って勤務時間ほぼ全てエロ動画収集か」
「ウイルスって…まさかのノーガード戦法とかw」

…と、さすがに呆れたという声が。既に一部のユーザーが指摘しているように、彼がダウンロードに費やしたという2500時間は、1日の勤務時間が8時間とすると、実に312日分。年間に置き換えれば、勤務日数を遥かに超えるほどの膨大な時間であるため、ダウンロード云々以前に、そもそもまともに仕事をしていたのか、甚だ疑問である。

文・杉下薫

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP