ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『カラムーチョ』30周年を記念して『日本全国カラムーチョ化計画』が発表 この“秘密のパウダー”はいったい……!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


先日、新製品『カラムーチョZ』の発売と秘密組織コイケヤのテーマ曲リリースをお伝えした湖池屋の『カラムーチョ』。今年で『カラムーチョ』は30周年を迎え、『カラムーチョZ』は30周年記念のプロローグとお伝えしましたが、早速次の動きが発表されました。その名も『日本全国カラムーチョ化計画』。8月1日に開催された『カラムーチョ30周年新CM発表会』からその内容をレポートします。

参考記事:
またお前らか! 秘密結社コイケヤが『カラムーチョZ』で水木一郎歌うテーマ曲まで発売するらしいゼーット!
http://getnews.jp/archives/633512[リンク]


この日は10月4日から放映される新しいテレビCMの発表会だったのですが、この『日本全国カラムーチョ化計画』もかなり時間を割いて発表されました。7つの計画として発表されたのは次の内容。

計画~その1~ 本格的な味わいでカラムーチョ

30周年を記念した新製品『スティックカラムーチョ 30種類のスパイヒーチリ味』が発表されました。30周年に合わせて30種類のスパイスを使用。本格的な味わいを目指しているとのこと。9月8日に全国のコンビニで先行発売し、9月15日に全国のスーパーなど一般の発売を予定しています。

計画~その2~ 辛くなくてもカラムーチョ化計画

続いて新製品『カラくないカラムーチョチップス ノットチリ味』を発表。「辛くないカラムーチョ」という逆説的な製品ですが、食べて見ると『カラムーチョ』っぽいらしいです。こちらは9月15日に全国で発売されます。

計画~その3~ TVCMでカラムーチョ化計画


言語学者の金田一秀穂教授、生物学者の池田清彦教授、タレント・女優の芦田愛菜さんが出演するCMを発表。『カラムーチョ』をテーマにしたインタビューという設定の内容で、特に芦田愛菜さん出演の『インサイト篇』は、映画『パシフィック・リム』出演時のインタビューにインスパイアされたという演出に注目。

計画~その4~ ウェブでカラムーチョ化計画

『カラムーチョ』30周年の特設サイトが本日から公開されています。上記CMの動画も10月のテレビ放映に先行して公開中。

『カラムーチョ』30周年スペシャルサイト | 株式会社湖池屋
http://karamucho.jp/

計画~その5~ サンプリングでカラムーチョ化計画

全国で30万袋のサンプリング実施を発表。試食用の袋にはCMに出演する3人の顔がドーンとデザインされています。

計画~その6~ SNSでカラムーチョ化計画

「ムーチョ」を日本中に拡散するために、『LINE』スタンプの提供が発表されました。

計画~その7~ 何でもかんでもカラムーチョ化計画

「秘密のパウダー」と書かれた非売品の小瓶を発表。これをかけると何でも『カラムーチョ』の味になってしまうそうですが……。



発表会ではCMに出演する金田一秀穂教授、池田清彦教授、芦田愛菜さんがゲスト出演し、芦田さんが出身の兵庫県の名物“明石焼き”とロールケーキにこの“秘密のパウダー”をかけて試食にチャレンジ。

明石焼きについては「いいと思う、おいしい」(金田一教授)、「相性いいよね」(池田教授)と絶賛の声が。ロールケーキの方はというと、「食べられますけど……」(金田一教授)という声の反面、「意外においしい」(芦田さん)、「普通のケーキよりうまいよ。ビール飲みながらでもうまいかも」(池田教授)と賛否両論の結果に。


発表会のお土産にこの“秘密のパウダー”をいただいて来ました。パウダーを出してみると、あたり一面にスパイスの香りが! なめてみると、スパイスの辛味とあの旨味が口の中に広がります。まさに『カラムーチョ』の味! 確かに、これをかけたら何でも『カラムーチョ』になりそうです。こちらはいろいろ試してみて、後日レビュー記事としてお届けします。

それにしてもこの“秘密のパウダー”、今後どう全国に広げていくんでしょうね。『カラムーチョ』30周年はまだまだ動きがありそうなので、『カラムーチョ』ファンはスペシャルサイトをチェックしておくとよいのでは。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP