ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャサリン妃が南ア伝統の競技に挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃は、スコットランドのグラスゴーで開催中のコモンウェルスゲームに出席。競技を体験したり、多くの選手や観客と触れ合ったりしたようだ。

【画像や図表を見る】

ネイビージャケットにブルーのワンピースで登場したキャサリン妃は、“Three Tins”と呼ばれる南アフリカ伝統のゲームに挑戦。3つの缶の上をジャンプしたり、ボールを転がして缶を倒したりするゲームで、キャサリン妃は写真の直後、見事にボールが的中したのか、歓声を上げて喜んでいたようだ。

滞在中は様々な競技を観戦。2日目には陸上短距離のウサイン・ボルトと言葉をかわす姿も報道されている。
(R25編集部)

キャサリン妃が南ア伝統の競技に挑戦はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
障害物競走ウォリアーダッシュ上陸
キックベースはなぜ流行らない?
S61年度生のスポーツ選手が凄い
加速するアジア移住は○○が人気
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP