ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

廊下から足音が……! 本当にあった一人暮らしの怖い話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏の風物詩のひとつ「怪談」。この時期になると、テレビやイベントなどでも取り上げられることが増えくる。

そこで、「CHINTAI情報局」でも、「自宅で体験した怖い話」を紹介したいと思う。筆者の友人で一人暮らし体験者に、思わず背筋が凍るエピソードを聞いてみた。

「玄関の電球が、突然パァン! と破裂しました。割れた瞬間もびっくりしたんですが、なんで割れたのか原因も分からないし、もしその時、下に自分がいたらと考えたら、背筋が凍りました」(28歳・女性)

「布団に入り、いざ眠りにつこうとすると決まって廊下から足音が聞こえてきます。で、私が寝ている部屋の前まで近づいてきて、また戻る。この繰り返し。気のせいだったらいいんですけど、あまりにもハッキリ聞こえるんですよね。あれはいったい……」(29歳・女性)

また、怪奇現象らしきもの以外の怖い話も集まった。

「夜中に、隣人のカップルがドアの前で痴話喧嘩。あまりの迫力に私は何もできぬまま。結局、大家さんや周りの住人が警察と一緒に止めたようなんですけど、落ち着いたころにドアを開け見てみると、大きな血だまりが……。どうやら、カッとなった彼女が刃物を持ち出してしまったらしいです。ここまでくると殺傷事件。こんな身近で起きるなんてと思い、ゾッとしました」(25歳・女性)

「帰宅して一息ついていると、玄関から突然ガチャガチャッと音が……。驚いて見てみると、チェーンを引きちぎる勢いでドアを開ける、見ず知らずの中年男性の姿! さらに、私を見るなり怒鳴り出しました。すぐに警察に連絡し、事なきを得ましたが、警察を待っている間は、すごく長く感じました。なんでも、その男性はなぜか私の部屋の合鍵を持っていたらしく、『何度か侵入したことがある』と言ったそうです。あの日も『どうしても中に入りたくて無理やり開けようとした』とか」(29歳・女性)

「シンプルな話なんですけど、朝、目を覚ましたら、目の前にゴキブリがいました。感覚的には目と鼻の先くらいの距離。触覚の動きがしっかりわかりました。普段、寝起きの悪い僕も、この時ばかりは飛び起きましたね。以来、たまに夢に見るくらいトラウマになっています」(30歳・男性)

さて、いかがだったろうか? 声を集めてみると、近隣住民のトラブルやゴキブリがらみのエピソードが数多く寄せられた。「一人暮らしをしていれば、何かしらの恐怖経験はしているはず」と今回の調査に協力してくれたと友人。霊現象から事件、ゴキブリなどなど、みなさんもどうかお気をつけて……。

(松本まゆげ+ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
ゴキブリ退治に効果バツグン! ホウ酸団子の作り方
それ、人の部屋でやる!? 自宅に招いた友人がやらかした不快な行為
隣人との騒音トラブル、どう対処すればいい?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP