ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栩内被告追い詰める ASKAの第3、第4のシャブ愛人の存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月22日、ASKA被告と一緒に逮捕された愛人・栩内香澄美被告(とちない・37才)の初公判が東京地裁で開かれた。

 彼女は、捜査段階で陽性反応が出た覚せい剤鑑定結果について、「性交渉によって、尿にASKA被告の精液が混じっていたため」「毛髪にASKA被告の汗がついていたため」と異議を唱え、一貫して無罪を主張した。

 だが、容疑を全て否認する栩内被告のこの姿勢に、検察側も反撃に出る。7月25日になって、突如、ASKA被告の“第2のシャブ愛人”の存在を公表したのだ。この女性は、音楽活動を通じてASKA被告と知り合った一般人で、警視庁の取り調べに対して、「ASKAに勧められて、一緒に覚せい剤を使った」と認めている。

「彼女も栩内被告と同じく、2004年頃からASKA被告と交際を始めており、彼が逮捕される今年5月上旬まで一緒に覚せい剤を使用していたとされています。しかも、検察が押さえているのは、この女性だけではないみたいなんです。第3、第4のシャブ愛人の証言も取っていて、8月28日のASKA被告の初公判では、それらの証言を一気に出すといわれています。

 複数の愛人たちの“彼に覚せい剤を勧められた”という証言によって、栩内被告に対して“あなただけが知らないはずがないだろう”という追い込みをかけるつもりなんです」(全国紙記者)

※女性セブン2014年8月14日号

【関連記事】
ASKAに覚せい剤を教えたのは世界的な大物ミュージシャンか
再犯率は79%、シャブ抜き中のASKA 家族と抱き合って泣く
ASKA 1か月以上前に覚せい剤所持した容疑で逮捕できた理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP