ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道はNO、愛知はYES 冷やし中華のマヨネーズ「かける派」と「ありえない派」が二極化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎年このシーズンになると、中華料理店などの軒先で見かける「冷やし中華はじめました」の貼り紙。そんな季節柄か、このほど、全国規模で行われたという、ある調査が話題となっている。

タウンネットによって明らかとなった、この『【都道府県別】冷やし中華(冷麺)にマヨネーズをかけますか?』という調査によると、徹底して「ありえない」派が占めていたのは北海道と、北関東や埼玉、兵庫・岡山などの近畿地方の一部、北九州エリアの一部で、全国的には「いつもかける」「時々かける」といった「かける」派が多いことが判明した。

また、「いつもかける」と「ありえない」がくっきり二極化したのは、京都と静岡。これら2つの県は、もともと沿岸部と内陸部、東西南北で、環境や習慣が大きく異なる地域であるため、どうやらそうしたことも関係しているようだ。

なお、この結果を受けて、ネット上では、「かける」派と「ありえない」派の意見が真っ向からぶつかりあっている模様だが、食べ物の好みは人それぞれ。自分好みの食べ方で、夏の味覚を楽しんで頂きたい。

文・島田克彦

【参照リンク】
・参照元ツイート
https://twitter.com/haruhik0516/status/494106454370947075/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP