ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファミレスでの「ファミ飲み」 人気の理由と魅力はどこにある?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1999年に『サイゼリヤ』で格安ワインが登場して以来、ファミリーレストラン業界は、価格と質で競争が激化している。『ガスト』や『バーミヤン』を経営する『すかいらーく』は、食材の大量仕入れや商品開発などグループならではの力を発揮している。

“ファミ飲み”人気もあり、ファミレスの本年度の売上高と客数は、前年同月比がプラスになっているという。『フード ウォッチ ジャパン』編集長の齋藤訓之さんがこう語る。

「まず感じるのは、生ビールのおいしさ。グラスの洗い方やサーバーの管理が悪いとよい泡が立ちませんが、ドリンクの提供に追われることの少ないファミレスは良好です。また、長い営業時間ゆえ、厨房室温の変化が少なく、樽の温度も安定し、炭酸濃度もほどよいです。さらに、座敷もなく客席が広いので、子供連れでもゆったりできるところも人気の理由では」

 実際に、“ファミ飲み”をしているという主婦の丸田葵さんに話を聞くと、

「子供のお迎え後などにママ友とファミレスに行きます。そこで1杯飲むと、子育ての悩みも話しやすくなります。居酒屋と違って夫も安心してくれ、子供が喜ぶメニューも多い。ドリンクバーと組み合わせれば、値段を気にせずコーヒーまで飲めちゃうところがいいですね」

 お通し代もかからず、お酒を飲まない人と一緒でも気兼ねなく飲んで話せるところも、女性にはウケているようだ。

 ウケるポイントとしては、「グラスワインが1杯100円なんてお店も」「ドリンクバーでオリジナルサングリアも」「日本酒、麦焼酎、紹興酒まで。ワイン50種類以上の店舗も」「お通し代不要」などの要因もあるようだ。

※女性セブン2014年8月14日号

【関連記事】
価格の内訳を公開 回転寿司、ファミレス、ラーメンの場合
福岡県民 ファミレスのジョイフルが東京でも多数だと思ってた
ファミレス人口比店舗数で「あの県」が全国1位なのはなぜか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。