ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 Xiaomiが2014年Q2の世界スマートフォン出荷シェアで5位に(Strategy Analytics調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国版Appleと評される中国の小米科技(Xiaomi)。7月31日に米国の調査会社 Strategy Analyticsから発表された2014年Q2の世界スマートフォン出荷台数に関する調査結果で世界第5位にランクインしました。同社の調査結果によると、2014年Q2のスマートフォン総出荷台数は前年同期比27%増の2億9,500万台とプラス成長でした。同社はアジアとアフリカにおける成長が他の地域よりも顕著だったと述べています。メーカー別のトップ1~4位は、Samsung、Apple、Huawei、Lenovoと、IDCの調査結果と同じでしたが、5位にはXiaomiがランクインしています。IDCの調査結果で5位だったLGはStrategy Analyticsの調査結果によると6位に下がっています。Xiaomiの出荷台数は1.510万台で、世界シャアは5.1%。現在、中華圏を中心にして勢力を拡大しているXiaomiは、今回の4位のLenovoのシェアが5.1%なので、ほぼ射程圏内に収めたものとみられます。これまでの成長を維持できれば、2014年Q3でLenovoを抜き4位に浮上する可能性があります。Source : Strategy Analytics


(juggly.cn)記事関連リンク
HPが高級志向のスマートウォッチの開発でMichael Bastian氏やGiltとコラボ
OnePlusはAndorid Wearスマートウォッチ「OneWatch」を開発中?
NTTドコモ、ドコモオンラインショップで携帯電話を購入すると抽選でThinkPad 10やミニベロなどが当たる期間限定のキャンペーンを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。