ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高1殺害容疑者に「過去の事件やアニメなどの影響の可能性」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長崎県佐世保市で発生した、高校1年生女子が同級生を殺害し、遺体を切断するというショッキングな事件。被害者となった県立高校1年の松尾愛和さん(享年15)について、学校側は会見でこう話した。

「写真部に所属していまして、明るく面倒見のよい生徒でございました。1学期は欠席ゼロ。学習にも真面目に取り組んでおりました」

 逮捕されたA子とは中学からの同級生で、アニメ好きという共通点もあって親しかったといわれる一方で、学校側はこんな見解を示してもいる。

「そんなに親しかったのかはよくわからない。親しくなくても家を訪れることはあると思うんですよね」

 A子の松尾さんに対する凶行に強い憎悪を感じるというのは、医師で作家の米山公啓氏だ。

「一般的に感情が高ぶって相手を殺すってことはあっても、相手を切断するってことはよほどのことがないかぎりなかなかそこまではしないでしょう。被害者への一方的な嫉妬や恨みを募らせ、計画を立てたのかもしれません。猟奇的な側面は、過去の事件やアニメなど、残虐なものの影響を受けた可能性が高い」

 また一部では、A子を知る人たちが「ガッチリしたボーイッシュな女性」「ちょっと男の子っぽい。眉毛も太い感じで、化粧はしていない」「自分のことを“ぼく”と呼んでいた」という証言から、同性愛志向があったのではないかとの見方もある。

「この世代の女子同士は親密になると、ふたりだけにしかわからない心を許しあう世界を作り上げることがよくあります。他人からするとたいしたことでなくとも、当人同士で激しい憎しみになることもあるんじゃないでしょうか」(前出・米山氏)

※女性セブン2014年8月14日号

【関連記事】
出産祝い相場 親しい友人・同僚は5千~1万円、知人は3千円
「鼻先が下を向いている人は疑いやすい人」と人相科学専門家
ママカーストを題材に描かれる背筋が凍るほどのミステリー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP