ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年上半期 ネット上での裏人気人物、小保方氏、片山など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ネット観察日記「Hagex-day.info」管理人で、著書に『ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』があるHagex氏が、ネット上での話題のトピックを紹介します。今回は今年、ネットで人気となった人物のお話です。

 * * *
 2ちゃんねるやTwitterで、「2014年上半期はこの人が、悪い意味で世間を騒がせたよね」という人物がピックアップされました。

 これはネットの有志が勝手にまとめたものです。1~6月の月ごとに選出されており「悪人カレンダー」として公開されています。いったいどんな人物が選ばれているかというと…。

1月 冷凍食品に農薬を混入した阿部利樹被告
2月 理化学研究所の小保方晴子さん
3月 千葉県の連続通り魔殺人犯の竹井聖寿容疑者
4月 ゴーストライター問題で注目を集めた佐村河内守氏
5月 遠隔操作メールの犯人とされる片山祐輔被告
6月 野次問題で荒れた東京都議会議員の塩村文夏さん

 上半期からは外れますが、7月度は"号泣議員"こと野々村竜太郎元議員が確定。ここで選ばれたみなさんは、2ちゃんねるやTwitter上で勝手にコラージュ画像が作られたり、ポスターを作成されたりと、素材としてもネット住民から愛されています。特に野々村元議員は、記者会見で号泣した音声を元に多数の曲まで作られる始末。

 こうやってみると、一人だけ浮いている人物がいます。そう、塩村議員です。被害者なのに、なぜここに入っているの?と、疑問を持つかたもいるでしょう。実は塩村議員は、雑誌で不倫疑惑が報道されたり、過去に出演したテレビ番組で「彼と別れるとき1500万円の慰謝料をもらった」といった情報が流れ、ネット上では「悪い人」認定されたようです。

※女性セブン2014年8月14日号

【関連記事】
さくらパパ 年間所得4111万円は鳩山前首相より314万円多い
石原慎太郎議員 国会召集日の手続きに必要な名刺を忘れていた
許永中、金丸信、小沢一郎らバブル後の経済事件をまとめた本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP