ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニューヨーク・マンハッタンの都市公園がリニューアルしたので行ってみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Bryant_Park,_New_York

ニューヨークではセントラルパークを筆頭に魅力的な公園が多数存在します。今日はその中でも特にドラマティックな成功を遂げている、ブライアントパークをご紹介。

マンハッタンのど真ん中、ちょうどタイムズスクエアとグランドセントラルステーションの中間あたりに位置します。公園周辺には企業のオフィス、図書館、国際写真ミュージアムなど。日本の紀伊国屋書店ニューヨーク支店もこちらにあります。

ここのすごいのは、公園なのに、いや、公園だからこその、誰もが楽しめる機能が満載なこと。芝生広場はもちろん、Free-WiFi, 卓球場、チェス、ライブラリ、ピアノ、動かせるベンチなど、無料で使える道具が充実。

13 2 4

また、公園併設のカフェやレストランも本格的な味と空間を提供し、名所化しています。

13 8 7

更に、この公園ではユニークなイベントを絶えず開催。マーケット、ブロードウェイの出張パフォーマンス、コンサート、ヨガクラス、スケート、パブリックビューイング、詩の朗読会、企業の新製品発表会まで多岐にわたります。

市民発のチェス、太極拳、編み物の講習会なんてのも開かれます。

5 barefoot in the park yoga 6.25.09 (45) Winter-Village-Bryant-Park-12 9

今の季節は、ちょうどフィルムフェスティバルが名物。無料なため、沢山の人が集まります。

実際に行ってみると、広い緑のスペースで、さんさんと光を浴びながら、みんなのびのびと過ごしています。

12

ヨガ、休憩、寝転んでネットサーフィン、ゲーム……。観光客からオシャレなニューヨーカー、あまりお金持ちではなさそうな高齢者まで、それぞれが自由に、とても豊かな時間を過ごしているように見えます。

そして、朝から晩まで、休日も平日も、常に人が耐えません。冬だって、ストーブを設置して、利用者が凍えないよう配慮。

bryant-park

にぎわいの耐えない公園ですが、かつてはneedle park (ニードルパーク):麻薬常習犯がいる所、と呼ばれるほど、ドラッグディーラーの売買、売春、ホームレスの場として、薄暗く、一般市民が利用できないような場となっていました。

当時は鉄格子と高い木で囲われ、周りから孤立し、かつ歩道レベルとも1.2mの差があり、人目に届きませんでした。この建築的な要素が、更に治安の悪い取引を助長させ、一般市民を遠ざけさせたようです。

6

この状態に対処すべく、1980年にロックフェラーを中心に再生組織を形成。その後、さらにその後都市計画か、社会学者などの意見を取り入れ、1988年から4年間は公園を閉鎖し、大規模にリニューアル。

地面を掘り下げて生け垣は撤去し、道路からの見通しの良いエントランス、遊歩道を整備。人気のカフェテナントを呼び込み、2002年にはニューヨークで始めて公衆無線LANを導入。その後も、本棚や卓球台など、様々な人が使いやすい工夫、楽しめる仕掛けを導入し、今ではすっかり人気の公園となりました。

2

運営スタッフは20名ほどと少ないですが、専門性の高い人材により、公園の維持管理やイベント企画を実施しています。

年間予算は約260万ドルとされていて、その大部分を寄付でまかなっているそう。寄付の習慣が普及しているアメリカでは、特に質の高い公共施設の維持に関して、資金が集まりやすいようです。

また、公園で使用する照明器具の一部は周辺のビルに設置し、設置費用や電気代をビル負担にさせて、経費を削減しているという取組みも非常にスマート。
自分の家の近くにほしい!と心から思える公園です。

By Shoko
Post: GoTrip http://gotrip.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。