ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【女子向け恋愛コラム斬り】 悪意?コント?お嬢様言葉で女子力アップって・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

編集長A/今回のお題は安定の「マイナビウーマン」のニュースなんですが、ちょっといつも以上に異質なコラムですね~……。てことで、今回のお題を発表しましょう!【状況別に使い分ければ女子力アップ? お嬢様言葉のススメ】(http://woman.mynavi.jp/article/140627-13/)です!

ナンパ師B/ほっほ~。お嬢様、いいですね。育ちの良い子の方が、ベッドの中ではエロく獣化したりするので、嫌いじゃないっす、自分!(いい顔で)

編集長A/別にそーゆー方向に持ってくコラムじゃないことだけは確かですが……。まぁまず、どんな趣旨のコラムなのか、リードの文章を見てみましょう。

『女性に、品の良さや清潔感を求める男性は多いもの。今回は、普段の会話に少し取り入れるだけでも上品なイメージを作ることができる「お嬢様言葉」について紹介します。』

ナンパ師B/なるほど。じゃあ今回は紹介されている3つを一気にチェックしてみますか!

『■難易度1「あいさつ」「謝罪」
(中略)お嬢様のあいさつといえば、ずばり「ごきげんよう」。さようならの代わりには「ごきげんよろしゅう」を使います。(後略)』

『■難易度レベル2「わたくし」と「さま」
お嬢様は自分を「わたし」とは表現しません。どんな場面でも「わたくし」という丁寧な言葉を使います。また他人への敬称は「さま」です。たとえ幼稚園児相手でも「○○ちゃま」と呼びかけ、そのルールを破りません。』

『■難易度レベル3「おご」の冠と「ことのて」の結び
(中略)紅茶は「お紅茶」、本は「ご本」、きれいな方は「おきれいなお方」と変換します。そして結びの言葉には「こと」「の」「て」を上手に使ってみましょう。「○○ですこと」「△△なんですの」「××でよろしくて?」といった具合になります。(後略)』

ナンパ師B/おぉ~っと……Aさんがおっしゃるように、確かに今回は何かいつもと様相が違いますね。捨て回ですかwww。

編集長A/捨て回ではないですwww。

ナンパ師B/え~と、コント?

編集長A/いや、コントでもないです。ガチの恋愛指導としてこの記事を全世界に発信してらっしゃいますよ。

ナンパ師B/ワァ~オ★

編集長A/さすが信頼の「マイナビウーマン」さんですなー。(棒読み)

ナンパ師B/え~と、つまり好きな男の前でこうせよということですかね? 「太郎様、ごきげんよう♪ わたくし、今日は有名私立幼稚園に通う姪の花子ちゃまをお迎えに行きますの。けれど、少しお時間があるので、ご本でもお読みになりながら、一緒にお紅茶でもお飲みになりませんこと? ……え? あ、忙しい? わたくしとお茶するせっかくの機会ですのに、本当によろしくて? ……あ、時間がない? あ、うん。では、ご、ごきげんよろしゅう」……ってことですかね?

編集長A/おおむね。

ナンパ師B/コント?

編集長A/いえ、恋愛指導ですよ。

ナンパ師B/悪意?

編集長A/いえ、決して真に受けた読者の女子に対して、「あんなあふぉなコラムを本気にしてお嬢様言葉使ってるヤツいるらしいよ、残念すぎるんですけど~、まぢウケるんですけど~」とか思ったりもしてないですよ。

ナンパ師B/もし本当にお嬢様言葉で話しかけられたら、意中の男子は以後、死んだ魚を見るような目でその子のことを見かねませんよ!?胸は痛まないのですか? 僕らと同じ赤い血が通っているのですか? …………今回のコラムで、今後一層、パトロールを強化していこうと誓いました。次回もご期待ください!(涙目)

■女子向け恋愛コラムを元メンズファッション誌編集長と500人斬りナンパ師が斬る!とは・・・
最近よくネットメディアで見かける「メンジョイ!」、「オトメスゴレン」、「ハウコレ」、「モデルプレス」、「みんなのウェディング」、「マイナビウーマン」、「Googirl」、「美レンジャー」、「MYLOHAS」、「ローリエ」などの女子向け恋愛指南コラム。
【誘われやすい女子になる方法】、【遊び相手にされる女子のNG発言】、【女友達を異性として意識したとき】、【男子が「この女性に最後の愛を捧げる」と決め る瞬間5つ】なんてタイトルの記事がネットのニュースサイトを中心に溢れているわけだが、この中身がなかなかどうして的外れすぎるのだ!! 中には「え……それって……(失笑)」的なものまであるからタチが悪い。
そこで今回も義憤に満ち満ちたこの二人、元ファッション誌編集長で恋愛事情を熟知したA氏(33歳・男性)、そして500人斬りを達成したナンパ師B氏(31歳・男性)が、ドイヒーな恋愛コラムを斬りまくる~!!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP