ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

多摩美の学生が作った独創的な絵本が海外で話題に 「日本人らしい繊細さ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本人のものづくりに関するセンスと技術は、世界的に見ても高い評価を得ているが、このほど、日本の美大生が制作した絵本が、海外ユーザーから注目を浴びている。

現在話題となっているのは、多摩美術大学情報デザイン学科の学生が制作した『MOTION SILHOUETTE』という作品。一見、何の変哲もない絵本に見えるが、実はこの作品、各ページの間に切り絵が組み込まれており、そこにライトを当てることで、前後のページにシルエットを浮かび上がらせるという仕掛けが施されている。

ペーパークラフト的に立体感を持たせた「飛び出す絵本」などは、これまで数多く存在していたが、影に着目し、このような形で利用するケースはなかっただけに、そのシンプルながらも独創的なアイディアに、海外の人々からの感嘆の声が。

「素晴らしいアイディア!」
「この繊細さが日本人の良さだね」
「シンプルだけど美しいよ」
「これはどこで手に入るの?」

…と、彼らにとっても初めて見るその作風に、強い衝撃を受けた模様。やはり、海外の人々からは、派手なギミックのものばかりではなく、このように物静かで細やかな、日本人的なセンスが、高い評価を得るようだ。

MOTION SILHOUETTE from KYOT∆(R) on Vimeo.

文・今岡憲広

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP