体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全モデルにLED液晶ディスプレー搭載! 東芝がノートPC『dynabook』6機種23モデルを発売へ

dynabook EX


東芝は、全モデルにLED液晶ディスプレー(省電力LEDバックライト)を採用した、ノートパソコン(PC)『dynabook』シリーズの新製品6機種(23モデル)を6月17日から順次発売します。蛍光管バックライト液晶ディスプレーを採用していた昨年夏モデルに比べて、新製品では約32%の低消費電力化を実現しています。

今回発売されるのは、16型ノートPC『dynabook TX』『dynabook TV』、15.6型ノートPC『dynabook Qosmio V65』『dynabook EX』、11.6型ネットノートPC『dynabook MX』、10.1型ネットブック『dynabook UX』の6機種。DVDの映像をHD解像度にアップコンバートする、同社独自の超解像技術『レゾリューションプラス』搭載モデルおよび、『Windows 7』の32/64bit版を選べる“セレクタブルOS”モデルを、従来の『dynabook Qosmio V65/TX/TV』シリーズから『EXシリーズ』まで拡大しています。

dynabook TX

『dynabook TX』は、16型ワイドHD液晶と『harman/kardon ステレオスピーカー』などで、ブルーレイタイトルを高画質・高音質で楽しめるハイスタンダードノートPC。入力しやすいタイルキーボードを搭載しました。『dynabook TV』は、ハイスペックなPC、地上デジタルテレビ、ハードディスクレコーダー、オーディオなど、1台で4約をこなすスタンダードAVノートPCです。

『dynabook Qosmio V65』は、15型ワイドHD液晶と、CELL技術を応用した『SpursEngine(スパーズエンジン)』を搭載。ワイドHD液晶ディスプレーを搭載し、世界最速ブルーレイダビングや約490時間録画可能な“地デジ8倍録画”、DVDやネット動画の映像をHD解像度に変換できるなど、高性能なAVノートPCです。『dynabook EX(66M/56M)』は、『Intel Core i5 450(2.40GHz)』を搭載したスタンダードノートPC。『EX66M』にブルーレイディスクドライブも搭載するなど、基本性能も大幅に向上しました。本体デザインには、繊細なパターンを施したほか、新色も出なレッドも追加してラインナップを充実しています。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会