ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高1殺害容疑者 父の再婚で変化も近隣では「やっぱり」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長崎県佐世保市で発生した、高1女子生徒殺害事件で逮捕された県立高校1年生のA子(16才)は、家賃6万円のマンションでひとり暮らしをしていた。実母は2013年10月に亡くなっており、その後2014年4月に高校進学を機にひとり暮らしを開始。また、実父は同5月に再婚している。

 小学校の頃には、給食に薬剤を入れるなど問題行動もあったA子。不安定な部分もあったようだが、母親が大きな支えとなっていた。

 しかし、突然の母の死という深い悲しみの中で精神的に追いつめられていくA子。にも関わらず、父は彼女を思わぬ形で裏切った。母が亡くなってわずか5か月後の今年3月、父は後に結婚することとなる、20才年下の女性・B美さんに出会ったのだ。

 当時A子の父は、妻を亡くした悲しみに浸ることもできず、仕事に追われる一方で、何を考えているかわからないA子に戸惑っていたという。

「彼とA子をつなぎ止めていた妻が突然いなくなって、娘にどう接したらいいのかわからないといった感じでした。だからといって家族のことをすべてさらけ出して相談する相手もいない。そんな時に出会ったB美さんは彼にとって心の拠り所となったんでしょう。出会ってすぐに恋に落ちて、再婚を決意。

 A子にも紹介していました。彼はいつも冷静沈着で理論的に物事を考えるタイプですから、普通なら周りの目や、自分の立場、子供たちへの影響を考えると思うんです。でもそれ以上にB美さんと一緒になることを選んだ」(A子の父を知る人)

 そして5月3日、A子の父とB美さんは入籍後、B美さんの地元で両家の顔合わせを行った。しかしこの席に、A子もA子の兄も出席しなかったという。

「みんなお母さんとか友達がいていいな。うらやましい。お父さんはお母さんが死んじゃってすぐに他の人を連れてきた。お母さんのこと、もうどうでもいいのかな」

 この頃A子は、幼なじみの女性に、そんな切ない胸の内を吐露していたという。

「思春期のA子でなくても、その父の早業は到底理解しえるものではないですよね…。彼女はこの4月高校に進学するのを機にひとり暮らしを始めました。9月から海外留学を予定していて、そのための“準備”ということらしいです。父親も“A子はしっかりしているからひとり暮らしをさせている”と話していたそうです。

 でも高校は実家のすぐ近くで、いくらお金があるとはいえわざわざ遠く離れたマンションでひとり暮らしを始めるのは納得がいきませんよね。A子が通う高校では、“校内で唯一のひとり暮らし”で、留学準備のためと学校も欠席しがちでした。担任やカウンセラーが、週に1~2回、生活状況の聞き取りを行っていたんですよ」(全国紙記者)

 A子のひとり暮らしマンションは、市街地の大通り沿いにあり、立地もいいため、地元では高級マンションと見られている。そこでは彼女のこんな姿が目撃されていた。

「平日昼間から自転車でぶらついていることがあった」
「制服姿は見たことない。高校生には見えなかった」

 A子にはショッキングな父親の変節だったかもしれないが、地元住民らにしてみれば、「やっぱりね…」の展開だったという。

「父親は夜の街じゃ有名なんですよ。羽振りがいいってね。地元一の高級クラブの常連だから、飲み代が月数百万円なんて聞いたこともあります。あくまで噂ですよ。前の奥さんの生前も女性関係でいろいろあったって」(あるクラブ関係者)

※女性セブン2014年8月14日号

【関連記事】
高1殺害容疑者 勉強していることを小バカにされ、給食に薬剤
隔離病棟のASKA 反省文書いたりタコ糸ブレスレット作ったり
鹿児島県民 中国に「こんな馬鹿げた国相手にする必要ない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP