ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

共働き夫婦のキーアイテム?家事代行サービスと鍵ロボットの安心連携

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夫婦共稼ぎの家庭が増加する昨今、家の中の仕事を代わりにやってくれる家事代行サービスが、注目を集めつつある。

その中で課題とされていたのが、留守中のセキュリティ問題。他人に合い鍵を渡すのは、やはり気がひける、という意見も多い。家事代行サービスが、日本でなかなか普及しないのは、この点にあるのかもしれない。

そうした問題を解決しようと立ち上がったのが、生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times(エニタイムズ)」を運営する会社、エニタイムズ。このたび、スマートデバイス開発のAKERUN(アケルン)と組み、スマートフォンを活用した一般家庭向け鍵の開閉システムを、家事代行サービスに導入。セキュリティに関する不安を払拭し、国内家事代行市場の拡大を図る。

今回の取り組みは、AKERUNが開発した「鍵ロボット」と、エニタイムズより9月提供予定のiPhone アプリ「Any+Times β版」との連携による、入室管理・時間を限定した鍵の発行。

「鍵ロボット」は、スマートフォンを認識して、鍵の開け閉めをするという便利なデバイス。そこにアプリをプラスすることで、スマートフォンが鍵代わりになる時間を限定。期限が過ぎた後のセキュリティを、保証する仕組みだ。

また、依頼者はWebサイトやスマートフォンアプリから、入室状況をリアルタイムで確認することもできる。二重三重の体制で、外出時も安心だ。

なお、この「鍵ロボット」は、現在量産化に向けて鋭意開発中だが、エニタイムズに登録したユーザーは優先的に利用可能となる。働く夫婦を助ける、キーアイテムとなるか?

Any+Times・AKERUN

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP