ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDIがHTC J butterfly新モデル「HTC J butterfly HTL23」を発表、1,300万画素+200万画素のツインカメラで撮影後にピントを当て直すことも可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは7月31日、今年の夏モデル発表会で予告していた「HTC J butterfly」の新モデル「HTC J butterfly HTL23」を発表しました。発売時期は2014年8月下旬で、8月19日に一般公開されます。HTC J butterfly HTL23は、今年春に海外で発売さたHTC One(M8)並みのスペックを備えたKDDI独自仕様の5インチAndroidスマートフォン。大きな特徴は、リアに1,300万画素のメインカメラと200万画素の深度計速用のサブカメラを搭載したところで、撮影後にピントを当て直したり、3D立体視できるように表示したり、奥行きのある特殊な効果を適用できるなど、通常のスマートフォンカメラではサポートしていないカメラ機能を利用できるところです。また、前面には500万画素と国内モデルでは高い解像度のカメラを搭載しており、より鮮明に自分撮りできます。前面の上下にはBoomSoundに対応したステレオスピーカーを搭載しており、アプリやゲームの音をステレオで視聴できます。また、JBLのハイレゾ音源対応ヘッドセットも付属します。HTC J butterfly HTL23の基本スペックは、5インチ1,920×1,080ピクセルのSuper LCD3(液晶)、Snapdragon 801 MSM8974 2.5GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM / 32GB ROM(Micro SD最大128GB)、2,700mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0(apt-x対応)、NFC(FeliCa、Type-A/B)、Miracastなどに対応しています。筐体サイズは145mm x 70mm x 10.0mm、質量は156g。カラバリはルージュ、キャンバス、インディゴの3色です。海外向けにはまだ発表されていないのですが、筐体デザインやカラーリングは海外で今年発売された機種にはないものとなっています。HTC J butterfly HTL23だけのデザインなのかもしれません。OSはAndroid 4.4(KitKat)でSense 6を搭載していますが、スクリーンショットを見る限り、内容はKDDIオリジナルのものとなっています。国内向けの機能としては、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ・フルセグに対応するほか、IP57の防水・防塵、LTE-Advanced(キャリアアグリゲーション)とWiMAX 2+にも対応しています。au +1 collectionからドット越しにスマートフォンの時刻や通知を確認できるHTC DotViewケースも提供されます。カラバリはグレー、ブルー、オレンジの3色。参考までに : HTC One(M8)のツインセンサー式“Duo Camera”で出来ることを紹介Source : KDDIHTC Nippon


(juggly.cn)記事関連リンク
ワイヤレス充電 Qi v1.2で充電可能な距離の上限がさらに拡大
カシオ、曲名検索機能を搭載したBluetooth対応のG-SHOCK新モデル「GBA-400」を発表
Xperia Z3が発表後すぐに米T-Mobileで発売されるという噂、グローバルローンチは9月?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。