ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

40種類の果実が実る“魔法の木”が誕生!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1本の木から40種類ものフルーツが採れる…そんなウソのような話が現実に!

この“40種類の実がなる木”の開発者は、ニューヨーク州のシラキュース大学の美術教授、Sam Van Aken氏。

一見、普通の木となんら変わりのない姿に見える。

しかし春になると、木は鮮やかな赤やピンクの花をつけ、後にプラムやアーモンド、アプリコット、チェリー、梅、桃など、40種類ものフルーツが実るという。

開発のきっかけとなったのは、2008年、ニューヨーク州の果樹園が資金不足のため閉鎖されると知ったことだった。

当時、果樹園の中には、150年から200年もの間生き続けてきた希少な木がたくさん育てられていたが、果樹園の閉鎖により消滅してしまうことになる。

そこでAken氏は、果樹園を買収し、1本の木にさまざまな実をつけるための研究をスタートさせた。

そして5年の月日がたち、ついに念願の“40種類の実がなる木”が完成。

Aken氏は今後、多くの農家の人たちにも、この技術を伝えていきたいと語っている。

Aken氏のプレゼンテーション動画も観ることができるので、興味をもたれた方は、あわせてチェックしてみて。

You Tube
http://www.youtube.com/watch?v=t9EuJ9QlikY#t=14
SAM VAN AKEN
http://www.samvanaken.com/?works=tree-of-40-fruit

The post 40種類の果実が実る“魔法の木”が誕生! appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP