ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

劇団☆新感線と大人計画がタッグを組んだ奇跡の舞台「ラストフラワーズ」がついにスタート、劇中音楽はスカパラが担当

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
劇団☆新感線と大人計画がタッグを組んだ奇跡の舞台「ラストフラワーズ」がついにスタート、劇中音楽はスカパラが担当

演劇界で絶大な人気を誇る2大巨頭「劇団☆新感線」と「大人計画」がタッグを組んだ、まさに演劇界のガチンココラボとして、この夏話題沸騰の奇跡の舞台「ラストフラワーズ」がついに7月30日初演を迎えた。

この「ラストフラワーズ」の劇中音楽を担当するのは今年デビュー25周年を迎えた東京スカパラダイスオーケストラだ。この舞台のために延べ80曲を作り上げたスカパラ。スカパラもマジです。

そして、その劇中で星野源が歌うメインテーマ「ラストフラワー」(作詞:松尾スズキ)の元曲となった楽曲がスカパラのデビュー25周年アニバーサリーアルバム「SKA ME FOREVER」(2014年8月13日発売)に収録されている。

スカパラのアルバムではタイトルが「チャンス」(作詞:谷中敦/作曲:川上つよし)という楽曲名で、ドラムの茂木欣一がボーカルを務めており、演劇界のガチンココラボにさらに異種格闘技戦を挑むかのように音楽界からスカパラが名乗りを上げ、演劇界と音楽界の垣根を越えたスペシャルなコラボがここに実現。

「劇団☆新感線」主宰 いのうえひでのり コメント
“スカパラ”といえば、オシャレ、ファンキー、アレグレッシブというイメージがあるが、
実は本当に多方面な音楽性を抱えたバンドであると確信しました。
このアルバムに収録されている「チャンス」というナンバーは、
僕らの芝居『ラストフラワーズ』のテーマ曲「ラストフラワー」の元ネタ!というか同じメロディラインに、
スカパラオリジナルの歌詞で、いわば一卵性双生児のような楽曲。
歌詞が違うと、ヴォーカリストが違うと、まったく別の味わいになっていて、
これまた素敵な楽曲に仕上がっています。「ラストフラワー」にハマッた方は必聴!!

「大人計画」主宰 松尾スズキ コメント
昔からスカパラのファンで、谷中さんに、いつか何らかの形で音楽をお願いします、
と、言っていたら、まさか、こんなにガッツリ曲をいただけるとは、感激しておりますので、
買ってください。晴れた日にビール飲みながら聞くと最高です。

大人の新感線「ラストフラワーズ」公式サイト
http://www.otonanoshinkansen.com/

関連リンク

東京スカパラダイスオーケストラ Official Sitehttp://tokyoska.net
スカパラ・オフィシャルYoutubeチャンネルhttp://www.youtube.com/tokyoskanet

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。