ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐世保女子高生殺害事件 周辺生徒のツイートに批判殺到

DATE:
  • ガジェット通信を≫

去る7月27日に発覚した長崎県佐世保市の女子高生殺害事件について、その後、ネット上では、連日、実に様々な議論が繰り返されているが、そんな中、被害少女・加害少女周辺の高校生たちのツイートが問題視されて、現在、大きな批判が巻き起こっている。

事件発覚後、大手マスコミの多くは、一斉に同級生のtwitterアカウントを中心に情報収集を行ったようだが、それと時を同じくして、ネット上のユーザーたちもまた、”一斉捜索”を開始。すぐさま事件の当事者たち周辺のツイートや投稿画像が発見されると、そこから、人間関係までもが浮き彫りとなり、被害少女に対するいじめがあったのでは?といった憶測まで飛び出した。

今回の事件発生を受けて、被害少女・加害少女が通っていた学校では、校長自らSNSなどへの投稿を控えるように通達していたが、その実、当の生徒たちはその後もtwitterを中心に発言を繰り返すなど、次から次へと”燃料”を投下しているのが実情。結果として、加害少女のみならず、周辺の生徒たちを含めた批判へと、ネット上の世論は動きつつあるようだ。

昨今は、しばしば「バカッター」と揶揄されるように、twitter上での言動が瞬く間に広く拡散し、ネット上のみならず、現実社会での生活に深刻な打撃を与えてしまうこともしばしばだ。SNSのアカウントは、たとえ炎上したとしても、削除して再出発が可能だが、現実社会はそうはいかない。ネットを経由してリアルでの炎上へ繋がる”延焼”については、ツールを使用するかどうかも含め、その発生前から食いとどめる必要が迫られているようだ。

文・猪俣進次郎

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP