ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone用の多目的リモコン「Qblinks」、着信通知や音楽再生、撮影操作に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メールやSNSのチェックに音楽と、スマートフォンユーザーなら1日に何回となく端末を取り出して操作していることだろう。でもいちいちバッグなどから取り出すのが面倒だと思う人もいるのではないだろうか。

そうした人向けに、メールの着信などが確認できるウェアラブルガジェットがこれまでいくつかリリースされている。そして、このほど登場したのはよりマルチな取り付けタイプの小型ガジェット「Qblinks」だ。

Qblinksは円盤状で直径4センチ。iPhoneとBluetoothで連携する。主な機能は2つ。まず1つめは、着信やメール受信などを中央部分に搭載されたライトで知らせてくれるというもの。ライトの色はユーザーが7色から選べるようになっていて、目的ごとに設定できる。

またリモコンとしても活用でき、QblinksからSiriの起動や音楽の再生・停止・スキップ、カメラのシャッターなどが操作できる。

例えば運転中などに端末で音楽を聴いているときに、端末をオンにしてパスコードを入力し、アプリを立ち上げるといった一連の操作をしなくても、Qblinksでダイレクトに操作できるというわけだ。

その他の機能としては、部屋の中でiPhoneが見つからないときにQblinksを押してiPhoneから音を出すようにできるというのも便利だろう。iPhoneをマナー/サイレントモードにしていても音を鳴らすことが可能なので、音を頼りに端末を素早く“発見”できるというわけだ。

現在、資金調達サイトKickstarterでキャンペーンを展開中で、35ドルで入手できる(米国外への送料は10ドル)。発送は10月を予定している。

Qblinks/Kickstarter

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP