ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清水翔太ツアーファイナル、1人の女性ファンに超至近距離で「KISS」を熱唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2年ぶり、5枚目のオリジナルアルバム「ENCORE」を引っさげ、5月よりツアー中の清水翔太が、7月30日、東京国際フォーラムにてツアーファイナルを迎えた。

14カ所、18公演に及んだ今回の”ENCORE”ツアー。最終公演には約5,000人のファンが詰めかけ、ツアーファイナルにふさわしい、アルバム曲全曲披露が実現した。

会場が暗転し、ステージを覆う巨大スクリーンにオープニング映像が映し出されると、会場は登場を待ち望むファンの歓声に包まれた。アルバムのオープニングナンバーでもある「Impossible」でライブの幕が明けると会場が一体感を増しながら盛り上がる。

「今日はENCOREツアーファイナル。寂しくもあるけれど、みんなで1つになって最高のライブにしたい」とMCで語った。

中盤、「Shower」をはじめとしたバラードナンバーをピアノで弾き語った後は、ダンサーが再び登場し客席に繰り出す。ステージ中央には椅子が一脚用意され、ステージに戻るダンサーたち連れられたのは先ほどまで客席でショーを観ていた女性ファンだ。

この突然の演出に会場はどよめく。ステージにあげられ、動揺をかくせないファンの前にフォーマルな出で立ちの清水翔太が登場すると超至近距離で「KISS」を熱唱し、最後には本当にKISSをするのかと思わせるような演出が。瞬間、会場は悲鳴にも近い歓声に包まれた。

メインセットはエンディングにさしかかり、意外にもアコギを片手に登場した清水翔太はステージ中央に座り、シンガーソングライターの自分を取り巻く環境に基づいて。曲を創る際の苦悩や自分の音楽を聴いてくれるファンへ思いを「会場みんなに対する愛を伝えたい」と「シンガーソングライターの唄」をアコースティック演奏で歌いあげた。

アンコールでは「みんなの歌声が一つになって初めて、一つの曲になる。この曲をみんなで歌ってENCOREツアーを終わりにしたい」というMCの後、会場が一体となり、HOMEを合唱。記念すべきツアーファイナル公演は幕を閉じた。

8月27日には、初のクリップ集の発売を控えており、秋にはデビュー10周年を迎える加藤ミリヤとのツアーも予定されている。

uP!!! presents 清水翔太 LIVE TOUR 2014 “ENCORE”
2014.7.30(水)東京国際フォーラム

M1.Impossible
M2.君が見つけたもの
M3.DREAM
M4.ナツノオワリ
M5.Shower
M6.「アイシテル」
M7.君が好き
M8.Jealous
M9.Crazy Love
M10.KISS
M11.WOMAN DON’T CRY
M12.You’ve Got A Friend
M13.美しき日々よ
M14.シンガーソングライターの唄
[En]
M1.ENCORE
M2.LOOKING FOR LOVE
M3.HOME

関連リンク

清水翔太 オフィシャルサイトhttp://www.shimizushota.com/
レーベルオフィシャルTwitterhttps://twitter.com/SMR_info
清水翔太オフィシャルYouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shimizushotaSMEJ
清水翔太MOBILE:http://k.shimizushota.com/
清水翔太 レコチョク:http://recochoku.jp/artist/30321115/
清水翔太 iTunes:https://itunes.apple.com/jp/artist/qing-shui-xiang-tai/id386255092
清水翔太 mora:http://mora.jp/artist/11346/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP