ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ももクロ」「花火」でゴミ問題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サッカーのワールドカップ・ブラジル大会が終了して2週間。日本代表の惨敗は周知のとおりだが、各国メディアが取り上げたのは日本人観戦者による会場の「ゴミ拾い」。大会終了後には、サポーター代表として駐リオ日本総領事館や地元日系団体代表がリオデジャネイロ州政府から表彰されるなど、世界で称賛された。

【画像や図表を見る】

日本人の美徳が世界から注目される中、国内のイベント会場やその周辺では「ゴミ」に関するマナー問題が相次いでいる。

7月26日、27日に行われたももいろクローバーZ(以下、ももクロ)の「ももクロ夏のバカ騒ぎ2014 日産スタジアム大会~桃神祭~」。ライブ終了後、会場周辺のゴミ箱は来場者が捨てたと思われるゴミで溢れかえっていた。現場の写真はSNSで拡散され、2ちゃんねるの掲示板にもスレッドが立つほど。この様子は中国版ツイッター・Weiboなどでも広まり、中国のネットユーザーも驚きの声を上げている。

こうした現状に、“モノノフ”(誇りを持ったももクロファンの愛称)たちは、ツイッターで続々と苦言を呈した。

「日産スタジアムから新横浜駅に至る道に置かれた空き缶入れを、通りすがりに激写。この辺こんなんばっかり。 グッズ類も捨てられてるし、明らかにももクロちゃんファンなんだよなー。ここ数年、ももクロちゃんファンのゴミ捨てマナーは下降の一途です」
「とにかく1番伝えたいのは、ああやってゴミ箱の前に入らないゴミを山積みにするのもそうだし、モノノフがマナーの悪いことをしたら、それを関係ない人が見た時一番印象が悪くなるのはももクロの5人だということです。ももクロのためにも、ああいうことはやめて欲しい」

と、ゴミ画像をアップするなどして、マナー向上を呼びかけている。

同じく26日に行われた「平成26年(第37回)隅田川花火大会」でも、放置されたゴミが問題になった。昨年の来場者数約78万8000人と、ももクロのライブ(約6万2000人)をはるかに超える規模だけに、いたるところでゴミが散乱。その様子がSNS上でアップされた。ツイッターには、やはり

「隅田川の花火綺麗だったけど、帰り道ゴミだらけでびっくりした。ゴミ箱が溢れたなら他の場所に捨てて欲しいね。これのおかげで道が狭くなって邪魔だし。明日になって、観光に来た人がこれ見たらどうせ俺ら地元民のせいにされるから本当やめて欲しい」

といった、近隣住民と思われる人からの怒りの声が投稿されている。

両イベントでは、目に余る状態に反感を持ち、掃除をして帰る観客もいたようだが、ワールドカップで“日本人の美徳”として注目された直後だけに、国内でのマナー違反がより際立ってしまったのは否めない。
(R25編集部)

「ももクロ」「花火」でゴミ問題はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
W杯海外サポがゴミ拾いしない理由
ゴミ箱閉鎖でポイ捨て 五輪時も?
ももクロが学校出待ち禁止呼びかけ
道端でつばを吐く人たちの理由
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。