ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫婦円満の秘訣は夜の声量にあり?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

喧嘩するほど仲がいいとはいうけれど、やっぱり夫婦やカップルは仲睦まじいに越したことはない。せっかく惚れた相手と結ばれたとしても、関係を長続きさせられなければ意味がない。

【画像や図表を見る】

でも、男女が円満な関係を維持するために必要なことって何だろう? 心理学者の内藤誼人先生にアドバイスをお願いした。

「夫婦やカップルが末永く円満な関係を維持する秘訣の1つは、やはり性生活を充実させることでしょう。たとえ喧嘩をすることがあっても、そうしたスキンシップに対する満足度が高いほど、男女は心の絆を深めるものですよ」

うーん、やはりそれか。しかし、誰もが夜に自信があるわけではないし、性生活を充実させるというのも、口で言うほど簡単なことではないような…。

「たとえば、米クリーブランド州立大学の心理学者エリザベス・バビン氏が発表した調査結果が、ヒントになるかもしれません。バビン氏が207人の男女を対象に、セックス満足度を調査したところ、行為の最中に声や表情などのリアクションを我慢しない人の方が、総じて満足度が高いことが明らかになったのです。これは心理学的にも理に適っていて、人は声を出すなど感情を露わにした方が、脳が活性化し、より感じる快楽が増すものなんですよ」

たしかにカラオケなどと同じで、隣近所への音漏れを気にしながらいたしても、今ひとつ気分は乗らないものだ。

「これは夫婦間のマンネリ解消にも有効でしょう。同居の親や子供を気にして慎ましやかにしなければならないなら、時には夫婦水入らずで旅行をするなど、思い切り感情を露わにできるシチュエーションを作ることで、夫婦関係のメンテナンスができるんです」

慎ましさは美徳でもあるけれど、パートナーとの間ではそうした壁は取り払ってしまうのが吉、というわけだ。
(友清 哲)
(R25編集部)

夫婦円満の秘訣は夜の声量にあり?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
恋愛に効く! 男女の心理大辞典の過去記事一覧
足が短い方がモテる国もある!?
「我慢の限界」を利用した口説き方
見栄っ張りな人ほど浮気に走る?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP